「Fantasy land」

夢の中の国

六本木の小山登美夫ギャラリーにて7月22日まで桑原正彦の個展「Fantasy land」が開催中だ。1997年に初めて開催された「棄てられた子供」展以降、小山登美夫ギャラリーでの個展は10回目になるそうだ。桑原氏は1959年生まれ、子供の頃は高度成長期の日本でありそこには恐ろしいまでの速度で変化していく世界があった。石油化学製品が溢れ、大量生産大量消費の世の中では公害やゴミ問題など急速な成長による問題も発生した。そんな時代背景が桑原氏の表現の原風景となっているという。子供の頃の夢の中の風景、夢の中の国がそこに繰り返され描かれるのだ。

 

悲しさとユーモア

見渡す限り広がる同じ形の団地や集合住宅の殺風景さ、消費され棄てられる人形、汚染された川とそこに現れた奇妙な生物、そんな殺伐としたもの哀しい風景は悲しさとともにユーモアのある手法で描かれる。極端に濃淡の薄い世界、遠い記憶の中でぼんやり存在したその世界は現代を生きる我々がふと感じることのある空虚感や不安感と共鳴するかのようだ。桑原氏の絵はなんとも不思議で変なのであるが独特の味わいがある作品だと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170624165116j:plain

濃淡の少ない世界に立つなんの変哲も無い建物は殺風景だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170624165242j:plain

汚染された大地に現れた奇妙な生き物たちだろうか?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170624165319j:plain

名もなき人形たちはいつのまにか棄てられてしまった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170624165353j:plain

奇妙な眼差しでこちらを見る人形はちょっと不気味である。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170624165452j:plain

遠い昔、子供の頃に見た夢の国にある建物に雪が降る。

”Les Sens”

日本とは違うひかり

ヨーロッパで出会った日本とは違う刺すような光に衝撃を受けて以来、パリを拠点に写真家活動をしてきた田原桂一が6月6日に他界された。その田原桂一の写真展が銀座のPOLA MUSEUM ANNEXにて7月9日まで開催されている。ひかりを通して自然や人、風景など様々な被写体を作品世界に移し続けた写真家にとって最後の展覧会となってしまったが大きな手と小さな手の白黒作品や光を放つインスタレーション、床一面に砂つぶの敷き詰められた会場は圧巻の迫力である。

 

ひかりを表す

ヨーロッパの鮮烈なひかりを表すために田原桂一は写真に限らず彫刻やインスタレーション、建築にまで幅広く活動の場を広げた。77年に発表した「窓」シリーズがアルル国際写真フェスティバルで大賞を受賞して以来、一躍世界的に脚光を浴びた作家は日本やヨーロッパで数々の展覧会を開いてきた。この展覧会”Les Sens”は木村伊兵衛賞を筆頭に数々の賞も受賞した巨匠、田原桂一が自ら監修した最後の展覧会となってしまったがこの貴重な機会に是非見に行っていただきたい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170621145200j:plain

大人の手と赤ちゃんの手が大判プリントされた圧巻の白黒写真。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170621145301j:plain

会場の床は一面黒い砂つぶで覆われ暗い中インスタレーションが輝く。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170621145352j:plain

会場のあるビルの1階ウィンドーにも作品が展示されていた。

MADSAKI降臨

今や人気作家

15日に終わる直前だったがKaiKai KiKi GalleryMADSAKIを見に行けた。「Here Today, Gone Tomorrow」というタイトルのMADSAKIの個展、大きな作品も含めてかなりの作品数だった。今から15年ほど前に中目黒でディレクターをしていたSPACE FORCEでMADSAKIとアンダーカバーのジョニオ君のコラボレーション展を開催したが山積みのポスターが飛ぶように売れたのを記憶している。当時はニューヨークでメッセンジャーをしていたMADSAKIだが、今やアートフェアでも見るくらいの人気作家となった。

 

村上隆と仲良し

そんなMADSAKIだが、最近は村上隆さんと仲良しでいつも一緒らしく今回村上さんのギャラリーで個展をしたのもそう行った経緯なのだろうか。絵の方だが細いスプレーをまるで筆のように操り大胆な絵を描くという独特テクニックで異才を発揮している。はだけた着物でくつろぐモデルの女性はMADSAKIの奥さんだそうだがゆるい絵の状況の雰囲気とスプレーの彩色のおびただしい絵の具のたれた感じの緊張感が同じ画面に混在してなんとも不思議な世界を作り出している。今後もさらに楽しみな作家に違いないが多分絵はもう手の届かない金額になってしまったんだろうなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170613140107j:plain

スプレーで描かれる黒い点の目がトレードマークになっている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170613140159j:plain

おそらく写真から描いているのだが面白い構図だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170613140311j:plain

幸せな家族の記念撮影なのか、しかし、黒い目は表情を隠す。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170613140421j:plain

はだけた着物姿で歯を磨く女性は奥さんがモデルらしい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170613140515j:plain

だらしなく飲んでいる姿とおびただしく垂れた絵の具の対比。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170613140559j:plain

化粧をなおす後ろ姿。割と丁寧に描きこんでいる印象がある。

 

進化するFrancfranc

25周年目のブランド

外部アドバイザーとしてFrancfrancを運営するバルスと仕事をし始めてもう10年以上になる。振り返れば、高級志向のインテリアブランドBALS TOKYOを立ち上げたり海岸のゆったりしたライフスタイルのブランドWTWを始めたり様々なことがあった。そのバルスが運営する看板ブランドFrancfrancがブランド開始から25周年を迎える今年の秋に変身を遂げる。Francfrancというブランド自体も変身するがバルスも他のブランドを一切やめてFrancfranc一本で新たなスタートを切るのだ。

 

より万人向けに

Francfrancといえばインテリアブランドではあるが特に女性に人気が高くカラフルで可愛いアクセサリー的な商品も多い印象だ。25周年という節目の時期にそういった今のブランドのあり方を否定するのではなくFrancfrancをより万人に向けたブランドに変化させてゆくというのが新たな方針だ。デザインやスタイルはもちろん、商品の「もの」としてのクオリティーに徹底的にこだわり生産の背景にあるストーリーも伝えていけるような商品を新たに投入していく。新商品の展示会に行ってみたがその新たな取り組みは非常にエキサイティングでインテリア業界全体のクオリティーを牽引するような力を感じる出来栄えだった。今年の秋からのFrancfrancにご期待ください!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170610134056j:plain

ロンドンのスタイルを取り入れた新たなインテリアのラインナップ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170610134130j:plain

シックなソファやクッション、陶芸品もスタイリッシュだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170610134222j:plain

高級感のある商品の数々は新たんフランフランを象徴する。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170610134312j:plain

食器類もお洒落なものが多く投入される。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170610134350j:plain

今までの女性に人気なフランフランよりも万人向けな世界観。

カワハラシンスケ個展

パブリックデーに是非!

7月27日まで南青山にあるアートサロン「セーヌ」にてカワハラシンスケさんの個展、「フォルム」が開催されている。僕がディレクターしているこのギャラリーはアートサロンというコンセプトで色々なアートを紹介しているが普段はアポイントメント制となっていて毎週木曜日の14時から20時だけはパブリックデーということで自由に見れる。見にきたいという方は是非木曜日にお越しください

 

シンスケさんはずっとパリを拠点に活躍して来たアーティストでありアートプロデューサーだ。また、以前ご紹介したレストラン「うさぎ」もプロデュースしたり実に多才な方である。今回は以前に描いた水墨の作品も少しあるもののほとんどがこの展覧会のための描き下ろしで非常に意欲的に取り組んだいただいた。うさぎ好きなシンスケさんらしく全ての作品のモチーフはうさぎだが展覧会のタイトルが示す通り様々な形「フォルム」を面白く描いている。ステンレスに描いてみたり色やテクスチャーなども新たな試みに挑戦している。可愛くて少し毒気もあるうさぎに癒されたい方は是非見に来ていただきたい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609151733j:plain

うさぎさんが絡まって面白い形に。木を焼いた額もオリジナル。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609151830j:plain

大きなうさぎと小さなうさぎがにらめっこ。可愛い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609151910j:plain

青い色が鮮烈なうさぎはよく見ないとうさぎに見えない不思議さ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609152026j:plain

作品が展示されたセーヌの内観、サロンらしく中央にソファが。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609152109j:plain

ステンレスに描かれたカラフルなうさぎは表面にテクスチャーもある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609152209j:plain

ダンボールで作られた大きな屏風は去年京都で展示された作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609152305j:plain

水墨画は人気ですでに大きな作品以外は売り切れてしまった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170609152343j:plain

ユーモラスな表情のうさぎ。色合いなどどこかジャポニズム的な魅力だ。

ニューヨークアート速報!第3弾

ギャラリーの街チェルシー

ニューヨークで必ず行くのがウェストサイドにあるチェルシー地区のギャラリー街だ。

昔はソーホーがギャラリー街だったが今はこのチェルシーがギャラリー街になった。

チェルシーには巨大な倉庫やガレージなどソーホーよりもでかい空間のスペースが沢山あるのでギャラリーには最適だったのだ。

また、ソーホーが観光客向けの街になってしまったというのも理由だろうか。

古い外観はそのままに中を洗練されたギャラリーに改装した空間は 気持ちよく格好いい。

 

絶えず進化する街

アートバブルの景気に牽引されてこの10年ほどでチェルシーはかなり変化した。

ギャラリーも増えたしそれぞれ大型になり新しいギャラリーも海外からやって来た。

また、レストランや豪華なコンドミニアム、ホテルなどまでできて街は想像を絶する勢いで発展している。

ギャラリーも世界1のギャラリーGAGOZIANを始め老舗のPAULA COOPER,METORO PICTHRES,MATHEW MARKS,DAVID ZWINER,LISSON,PAUL KASMIN,PACEなどなど力のある素晴らしいギャラリーがひしめき合っている。

名前も知らないようなギャラリーも含めたらこの地区にはいったい何百のギャラリーがあるのだろうかと思う。

今もあちらこちらでどんどん工事が進んでいるチェルシーは進化し続けることだろう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023332j:plain

アレックス・ゴンザレストーレスインスタレーション

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023428j:plain

エリック・フィッシェルの巨大なペインティング。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023505j:plain

エルスワース・ケリーのミニマルな作品が静かに語りかける。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023551j:plain

GAGOZIANでのアンセルム・キーファーの展示。でかい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023818j:plain

これが絵とは思えないロバート・ロンゴのチャコールドローイング。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023955j:plain

ギャラリーというよりもミュージアムのような空間で一休み。

 

 

ニューヨークバーガー速報!

本場の味

バーガーは大好きな食べ物で日本でも頻繁に食べるし日本のバーガーのクオリティーはかなりハイレベルだと思う。でも、アメリカに来たらやはり本場のバーガーが食べたいということで今回はアートとは関係なくこの旅行中に食べたバーガーを紹介したいと思います。

 

レストランのバーガー

ニューヨークにはいわゆるバーガー専門店もたくさんあるけどご紹介するのはレストランで食べれるバーガー。結構な高級レストランでもランチやディナーでもバーガーは定番メニューだったりするのがアメリカ。以下、写真と情報をお届けしますのでもしもニューヨークに来てバーガー食べたくなった時の参考にでもしてください!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170605233251j:plain

高級レストランのGRAMARCY TAVARNのバーガー。

タルタルソースに赤唐辛子がアクセントで美味い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170605233411j:plain

ホイットニー美術館1階のuntitledのバーガー、肉の味が美味しい。

炒めた玉ねぎが味に深みを加えサイドのオニオンリングもいいです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170605234012j:plain

アップタウンのThe Met Breuer地下のレストランで出されるバーガー。

エビのバーガーはシュリンプロールと呼ばれ日本には馴染みのない味。