カッツとクレメンテ

期間限の定展覧会

天王洲アイルにあるテラダアートコンプレックス4階で10月15日から10月28日までアレックス・カッツとフランチェスコ・クレメンテの期間限定の展覧会が開催されている。スペインの有名ギャラリーヒメナ・ロペスによるキュレーションのこの特別展にはロペス氏の愛娘でギャラリストのジメーナさんが来日している。レセプションには多くのコレクターやアート関係者が訪れて盛り上がったが僕も大好きなアーティストであるアレックス・カッツとフランチェスコ・クレメンテの作品を身近で見れて感激した。こういうチャンスはまたとないと思うので興味のある人は是非足を運んで欲しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015153955j:plain

アメリカの平和でカジュアルな雰囲気を漂わせるカッツの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154049j:plain

カッツの値は近年うなぎのぼり。この小さな油彩作品でおよそ900万円。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154150j:plain

さらっと簡単に描いてるようなカッツの絵だが雰囲気がある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154245j:plain

ミューズである自分の妻を始め数多くの女性を描くカッツ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154319j:plain

クレメンテの作品は小さい水彩画でプレスした水彩紙に描かれている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154359j:plain

イタリア出身のクレメンテだがNYで80年代に人気を博した。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154439j:plain

クレメントは水彩絵の具の使い方や色合いが一種独特である。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181015154519j:plain

今回のクレメンテ作品で一番好きだった作品。なんか面白い!

Biomatrix

名和晃平の展覧会

谷中にあるSCAI THE BATHHOUSEギャラリーにて名和晃平の展覧会「Biomatrix」が10月10日から128日まで開催されている。デジタル画像の「Pixcel」と生物の最小単位である「Cell」を掛け合わせた独自の概念「PixCell」をもとに見たことのないような様々な表皮のイメージを作品化してきた名和晃平だがそれは作品であり現象のようでもある。今回も中心作品に液体を作品化したLIQUIDシリーズの新作を据えたがこの作品は変化し続ける彫刻とでもいう感じだ。シリコーンオイル、金属粉、顔料などを組み合わせた液状素材を使用し液面に気泡を作り出す装置で巨大な動き続ける作品を誕生させているがそこには重力や物理の普遍的な法則が関わる。火山噴火のマグマや鍾乳洞など自然が作り出す驚くべき現象を連想させるこの試みは鑑賞者に静かに迫り来るような迫力がある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181014161843j:plain

輝く液状化の作品はゆっくりと噴出物を吐き出しつつ変化する。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181014161948j:plain

いくつものボディーが合体したような不思議なオブジェ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181014162051j:plain

苔とか鍾乳洞みたいな自然の造形物を思わせる作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181014162125j:plain

オレンジ色がビビッドでとてもインパクトのある作品だ。

ジル・サンダー

新店舗がオープン

表参道にジル・サンダーの新店舗がオープンしていたのだが10月11日にレセプションがあるとのことでいってみた。9月8日にオープンしていたそうだが元はミッソーニがあった場所だと思う。新しい店舗はシンプルながらスタイリッシュなデザインで洋服もアクセサリーも小物バッグ類も凄くお洒落で以前よりもストイックでなくスタイリッシュ感が増したようだ。新たなブランドのイメージはセリーヌ好きそうな人が好きそうな感じのブランドになった気がする。地下にはメンズもあってかなりいい感じでした。オープン記念で白地に黒くJIL SANDERのロゴがプリントされたタングルスモールという限定デザインのバッグもあるので要チェック!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171241j:plain

スタイリッシュにはなったけど黒とベージュが多いのは変わらず。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171312j:plain

こんな感じのおしゃれ感が満載なコートもありました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171338j:plain

シャンパンはもちろんお洒落なオードブルも振る舞われた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171414j:plain

凄くシンプルなデザインの店内に贅沢に商品が陳列されている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171503j:plain

アクセサリー類も壁面を使ってうまく展示されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171543j:plain

フワッとした素材などいろいろな素材の商品も多数。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171618j:plain

メンズもかなりのお洒落度です。バッグとか欲しいいなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181013171701j:plain

本当に空間を贅沢に使ったディスプレーでした。

 

 

Licht und Ton

両極端な制作へのアプローチ

渋谷ヒカリエにある8/ART GALLERYにてドイツを拠点に活動する画家、ゲルマン・シュテークマイヤーの作品展”Licht und Ton”「ライト・アンド・トーン」が10月10日から10月29日まで開催されている。昨年に引き続き二度目の開催となるこの作品展ではドローイングとペインティングが展示されている。神経質な線で緻密に描きこまれたドローイングに対してあくまで感情の向くままに調子を見ながら描き重ねられた感じのペインティングという両極端な制作へのアプローチは作家の中で「ものを見て描く」という行為がどういうことなのかを思考しながら重ねられた結果のような気がした。特にペインティングが良くて色や形、描かれた部分とそうでない部分の関係性や全体の印象もとても面白かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181012194834j:plain

キャンバスが残っているような部分もあれば塗り重ねられた部分もある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181012194910j:plain

グレーにベージュ、淡いピンクといった色使いがとてもいい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181012194944j:plain

作品によってはかなりの長い時間をかけて完成させるそうだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181012195018j:plain

線が余白を生み余白が何かしらの形となって現れる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181012195106j:plain

白に黒のグリッドの強烈な力強さを感じる一枚だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181012195137j:plain

一つ一つのペインティングの大きさはさほど大きくない。

 

蟲展VOL.1鍬蟻蝶

比類なき魅力

10月5日から28日まで外苑前にあるギャラリーEUKARYOTEにて榮良太による個展「蟲展VOL.1鍬蟻蝶」が開催されている。現役のアートディレクタでありグラフィックデザイナーでもある作家のアーティストとしての作品発表展だ。仕事柄つい立ち止まって見てしまうようなビジュアルアイデアを大事にしているという作家が作品の題材に選んだのは昆虫「蟲」である。昆虫類は一見グロテスクと見る人もいるが細部をよく見てみると非常にメカニカルな感じがするし様々な色彩や形、繊細な構造など自然が生み出した姿は美しいと思う。作家もそういう昆虫の比類なき魅力に深く注目して見事に作品にしている。ビジュアルを仕事とするだけあって昆虫を使った作品の見た目のインパクトや完成度はさすがであるしVOL.1ということなので今後にも期待したいと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181008175200j:plain

パーキングに車のごとく横たわる巨大なクワガタムシSF映画のようだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181008175243j:plain

こちらは巨大なカブトムシ。黒光りするボディーはスーパーカーのようだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181008175321j:plain

盆栽に群がる蝶というか蝶でできた盆栽と言うべきか。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181008175402j:plain

美しい蝶が見事に盆栽となっている姿は不思議に美しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181008175444j:plain

近づいてよく見ると女性のドローイングは無数の蟻の集まりだ。

こわれもの

5年ぶりの個展

外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYにて小笠原美環の作品展「こわれもの」が10月20日まで開催されている。ドイツに暮らす作家にとって5年ぶりの日本での展覧会だというが作風にはゲルハルト・リヒター、リュック・タイマンス、ピーター・ドイグといったドイツをはじめとするヨーロッパの現代絵画の巨匠からの影響が見て取れるような気がした。思春期をカリフォルニアで過ごし18歳でドイツに移り住みハンブルグ芸術大学で学んだというバックグラウンドは作家の日本人としての感受性にどこかヨーロッパ的な視線を植えつけたのかもしれない。作品はグレーを基調にした油彩画で風景や人物、光の揺らぎなど様々なシーンが描かれているがどのシーンもどこか映画の中のワンシーンのような物語を連想させる。見るものを独特の絵画世界に引き込む不思議な魅力に溢れた作品は対象を見つめる作家の内面を自ら冷静に観察しながら描かれているようなクールな感じがした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181007185147j:plain

壁と床に当たる光の揺らめきが見事に描かれている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181007185220j:plain

何をしているのか想像させるような艶かしい女性の足の絵である。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181007185316j:plain

くらいヨーロッパの森に降り始めたのは雪か、雨か、みぞれか。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181007185410j:plain

草むらから突き出た小枝にとまる小鳥たち。動き出しそうだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181007185501j:plain

部屋の中のどこかを描いた作品だと思うが静寂の中にある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181007185548j:plain

シンプルな男性の後ろ姿にも独特の雰囲気を感じずにはいられない。

リトルダーリン

倉庫跡地をリノベーション

トランジットジェネラルオフィスはシェアオフィスや数々のレストランなど常に新たな事業を展開しているが10月6日に初のオリジナルロースターカフェ「リトルダーリンコーヒーロースターズ」を南青山にオープンした。このオリジナルロースターカフェはトランジットがオープンさせた「シェアグリーンミナミアオヤマ」の施設内にあるのだが広大な面積の倉庫跡地をリノベーションした施設にはシェアオフィスもあるしカフェ以外にも様々なグリーンを販売するSOLSO FARMのお店なども出店している。都会の中というのを忘れるほどの敷地の広さで真ん中が広い芝生の広場なので新しい憩いの場になること間違いなしだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006160724j:plain

オリジナルロースターカフェのカウンターもお洒落だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006160813j:plain

リトルダーリンコーヒーロースターズのグッズも豊富。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006160844j:plain

様々なサボテン類やエキゾチックな植物が並ぶSOLSOの店先。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006160924j:plain

お店の中はちょっとしたガレージ風で草花でいっぱいだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006161005j:plain

沢山の多肉植物類を並べたワゴンもとてもお洒落な雰囲気。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006161109j:plain

シェアオフィスは既にほぼ全室が埋まってしまっているという。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006161210j:plain

SOLSO FARMでは植物以外に可愛いグッズ類も売っていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181006161252j:plain

古い倉庫をリノベーションしたというがLAみたいな雰囲気だ。