さて、アートフェアへ!

SCOPE MIAMI

さてアートフェアへ!まず最初はマイアミビーチの砂浜の上に巨大な白いテントを建てて開催されるアートフェア「SCOPE MIAMI」へ向かった。このフェアはどちらかというと売る気満々の小さいギャラリーがたくさん集まっていて奇抜なアート作品が多いと思う。バーゼルみたいな世界のトップギャラリーではないけど参加ギャラリーはそれぞれ自慢のアートを展示して販売している。

 

次はUntitled

SCOPE MIAMI」には去年も来たけど今年の作品はちょっとクオリティーの低いものが多かったような気がした。良いなと思うのもあるんだけど全体的にイマイチな感じで残念、来年に期待したいところだ。さて、次は同じ砂浜のお隣で開催している「Untitled」へと向かう。お隣さんなのでタクシー乗るほどでもないけどテントはすごく長くて5分くらいは歩くか?初日は見事な快晴、既に猛烈に暑い砂浜を歩くのは嫌だけど頑張って行って来ます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215165552j:plain

マイアミビーチでヤシの木をバックにSCOPEの看板がある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215165648j:plain

真っ白い砂浜の上に建てられる巨大なテントがフェアの会場だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215165727j:plain

古いタイプライターを改造して作られたマシンガンのオブジェ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215165755j:plain

こちらは有名なキャンベルスープ缶でできた手榴弾

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215165833j:plain

ライトに浮かび上がるクリアーなオブジェは原色を放つ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215165921j:plain

とにかく大きな金の袋型オブジェは中に入ることもできた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215170013j:plain

ヌードの人文字でLOVEと書かれたユーモアのある作品があった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215170112j:plain

アートのためにお金が必要!と訴えるネオンサインのアート。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215170148j:plain

会場内は長い通路に沿って右左に出展ブースが並ぶ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215170233j:plain

去年も見たイギリス作家の作品はダミアンハーストのパロディー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171215170312j:plain

不思議な色の面白さについ立ち止まって見てしまった絵画作品。

マイアミアートフェア

まずはホテルへ

LAの2泊からマイアミへやって来ました、早速アートフェアへ行きたいところだが既に午後だったのでまずはホテルへ。今回のホテルはマイアミビーチにある古いアール・デコの建物の内装をリノベートしたタイプのホテルでこじんまりとしている。去年はいわゆるリゾートホテルっぽい大きなホテルだったがそれもいいけどやはりマイアミでしか泊まれないこの手のホテルもいいものだ。

 

カラフルな部屋

部屋に入ると壁紙などカラフルでいかにもマイアミって感じで額に入ったアートなんかも壁中に飾ってあって素敵だった。これから3泊、この部屋を拠点にマイアミのアートフェアを見て回るがホテルはメインのアートバーゼルの会場も近くていい感じ。テラスのバーでひよこ豆をカラッと揚げたおつまみ食べつつ明日からの計画を練る。今回もArt Baselと同時期に色々な場所で開催されるUntitledSCOPEART MIAMINADAなどの他のフェアも見て回る。さて、明日はまずマイアミビーチの砂浜の上に特設された巨大テントで開催されているSCOPEUntitledから見始めます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170159j:plain

カラフルな部屋だけどハワイとは違うマイアミらしいカラフルさ。

 f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214165007j:plain

壁にはアートがたくさん飾ってあっていい雰囲気。家具もお洒落だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170341j:plain

マイアミは南国、ゆったりリラックスできるような素敵なロビーだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170455j:plain

そんなに大きくはないけどもちろんプールも完備してます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170529j:plain

アール・デコの建物は必ず入口の両脇にテラススペースがある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170605j:plain

1階のレストランもすごくお洒落です、ここで毎朝朝食を食べる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170651j:plain

朝には奥のカウンターにビュッフェスタイルの朝食が並ぶ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170744j:plain

ホテルの外観、アール・デコの時代から受け継がれた建物。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170821j:plain

ひよこ豆をあげたカレー味のスナックは食べ始めたら止まらない!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170850j:plain

ホテルから歩いて1分のビーチは夕暮れ時を迎えて輝いて見えた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171214170933j:plain

これが朝のブッフェスタイルの朝食、さて、アートフェアへGO!

 

進化するLA

ジェレミーホテル

それにしてもLAは進化が止まらない、というかNYもそうだけどアメリカは景気いいのか開発がどんどん進んでいて毎回新しい何かがあるのだ。今回はサンセットブルバードにできたばかりのジェレミーホテルに宿泊してみたがとにかく広々としていてお洒落だった。アメリカは土地が安いのか日本ではとてもこんな無駄にだだっ広いホテルは採算合わなくて建てられないだろうと思う。

 

フレッドシーガル

ホテルの隣にフレッドシーガルのサンセットブルバード店があった。日本は撤退した?と聞いたけど、こんなにセンス良いセレクトを提供してたらきっともっと日本でも受けたはずと思わせる素晴らしいセレクトショップだった。なんというか、ロンハーマンみたいな西海岸ではないもっとスタイリッシュな西海岸のライフスタイルとファッションを提案していた。でもここでも売り場の広さが半端なくてこれを日本でやるのは無理かなとも思った次第。さて、最後の夜はLAで外せないインアンドアウトのバーガー食べていざマイアミに向かいます!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213165711j:plain

ベッドも超広々!可愛いボトルのお水がサービスで置いてあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213165747j:plain

バスルームも広々。アメリカなのでシャワーのみなのは残念だが。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213165833j:plain

開放感あるロビー、手前のベンチとか長いけどよく運び入れたもんだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213165939j:plain

ロビーの一角だが広々しててデザイナー家具だらけ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170022j:plain

引き続きジェレミーホテルのロビーだがロビーだけでもかなり広い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170127j:plain

カリフォルニアっぽい雰囲気のカフェスペースも素敵だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170208j:plain

カフェで買ったサラダを朝食に。カリフォルニアはサラダが美味しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170300j:plain

フレッドシーガルのちょっとエレガントなドレス類の売り場。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170342j:plain

ちょっとレトロな感じの銅製の食器類がおしゃれに並ぶ棚。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170443j:plain

メンズ売り場も充実していた。ローカルなデザイナーの服も多い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170521j:plain

陽気なカリフォルニア全開のカラフルな服のコーナー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170613j:plain

カリフォルニアに来たらやはりここに来なければ始まらない。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170647j:plain

出ました!インアンドアウトのバーガーです!ポテトの量がすごい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171213170729j:plain

片手運転でも食べれるようにしっかりとラップされたバーガー。

 

 

マッツ・グスタフソン展

美しい水彩

MA2ギャラリーにて12月27日まで開催中のマッツ・グスタフソンの展覧会「NUDE」にやっと行けたのでLA旅行記の途中だけどその話をしたいと思う。スェーデン生まれのマッツ・グスタフソンは1980年代くらいからニューヨークを拠点にファッションイラストレーターとして活躍して来た。ファッションイラストという分野で僕が尊敬するアーティストはアントニオ・ロペスに始まりルーベン・トレドや日本人ではペーター佐藤さんなど沢山いるがマッツ・グスタフソンもその一人である。淡い水彩で実にエレガントなイラストを描く彼の才能は唯一無二でありそのクールで官能的な絵の雰囲気は北欧という彼のルーツを感じさせる気がする。

 

ヴォーグで活躍

イタリア版ヴォーグの全盛期、スティーブン・マイゼルのようなスターフォトグラファーが目を見張るような美しいファッションストーリーのページを繰り広げていた時代にマッツ・グスタフソンはファッションイラストでページを飾った。天才アントニオ・ロペス亡き後、クールなイラストでイタリアンヴォーグという世界一のファッション誌を飾るイラストレーターが現れたことはかなり画期的だったと記憶している。その後、クリエーティブディレクターのファビアン・バロンと共に全盛期のハーパーズバザーで活躍を続けたマッツ・グスタフソンは多くのファッションデザイナーとも仕事を続けて来たが今年はディオールプレタポルテを再解釈した本も手掛けている。流れるような線、淡く輝くシルエット、マッツ・グスタフソンの絵には美しさが凝縮しているようだ。27日までなのでまだ見ていない方は是非!

MA2 Gallery

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212181408j:plain

やり直しのきかない水彩画で彼の筆致は常に精確である。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212181516j:plain

フリーハンドの線画で体の美しさとリアルさを見事に表現する。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212181555j:plain

今回はヌードに限定しているが洋服を着た姿の絵も最高にうまい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212181648j:plain

今回はギャラリーの3階まで展示していて家具も一緒に展示している。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212181728j:plain

今年ディオールのために製作した本の表紙はシルエットが美しい。

まずLAへ!

ブロードミュージアム

今年もマイアミのアートバーゼルに行こうとギリギリで決めて成田を出発し、まずはLAに到着。マイアミに向かう前にここで2泊して新いホテルやブロードミュージアムを再びチェックすることにした。富豪のブロードさんがダウンタウンに建てたブロードミュージアムは入場無料で大人気、特に今は草間彌生のインフィニティーミラーズを1階で展示しているので列も長蛇だった。この企画展は30ドルと有料にも関わらず大勢の人で草間彌生人気の凄さを知った。

 

凄いコレクション

お金があってアートをコレクションする人はいるだろうがここまでやる人はなかなかいないと思わせるのがブロードコレクション。現代アート専門だけどアメリカ人アーティストはもちろん世界中のアーティストの作品をコレクションしている。驚くのはその質の高さとコレクションの幅広さだが、珍しいウォーホル作品や初期のリキテンシュタイン、巨大なバスキアの絵画やクーンズの彫刻も多数ある。また村上隆サイ・トゥオンブリーなども多数所蔵している。LAに行ったら是非チェックしてほしいミュージアムだが人気なのでネット予約するかまたは早めに行って並ぶことをお勧めします。

 

 

 

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154432j:plain

ブロードミュージアムに入ると出迎えてくれるのがこのクーンズ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154532j:plain

広い天井と開放感ある作りでとても見やすいミュージアムだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154610j:plain

ピカソの絵?を描いたリキテンシュタインの大作絵画。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154707j:plain

もちろん、クーンズの巨大なワンちやんもいました。でかい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154753j:plain

バーバラ・クルーガーの大きな作品も間近で見ることができる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154855j:plain

大好きな作家クリストファー・ウールの作品もあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212154959j:plain

ウォーホルの珍しい作品もあってコレクションの幅を感じる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212155917j:plain

シグマー・ポルケのような渋めの作家の作品もあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212160031j:plain

夜はメルローズにあるイタリアンレストランSpartinaへ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212160211j:plain

いい雰囲気のバーもあってお洒落なLAの人たちに人気の店だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212160302j:plain

最近多くのお店で食べられるブラータチーズの前菜、美味しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212160445j:plain

見るからにコッテリ系パスタですがこれが美味しいのです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212160701j:plain

パスタも手打ちでこだわっているのが分かるし味も抜群。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171212160750j:plain

今は寒くて夜に外で食べる人はいないけどテラス席も素敵だった。

マイアミバーゼル

マイアミバーゼル

楽しかったヨローッパの旅を振り返りつつ、ベニスビェンナーレやダミアン・ハーストの驚くべきアート、フィレンツェのウフィッツィ美術館のボッティチェッリ、アカデミア美術館のダビデ像、パリフォトやルーブル美術館ダ・ヴィンチとお届けしました。旅の記録に取っておいた美術館のチケットやアートフェアのVIPパスを後から鍋めると懐かしいものです。さて、実は今はLAに来ています、明日まで滞在してアートを少し見たらマイアミへ。目的はもちそん毎年恒例のマイアミアートバーゼル。今年はどんなアートがあるのか?次回からはそのレポートをお届けします。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171206164932j:plain

今回のヨーロッパで見に行った美術館やアートフェアのパスなど。

ほんの少し前だったのにもうなんだか懐かしい思い出です!

ルーブル美術館・後編

モナリザは遠かった

ルーブル美術館の1番のお宝といえばもちろんモナリザで1階のモナリザの前はもうどうしようもない人だかりで前に割り込むのは諦め遠くからしか拝めずだったけどそれ以外はかなりじっくり見ることができた。前編で書いたように1階は混んでるけど2階3階はかなり空いていて「こんな凄い名画を独り占めしてずっと眺めてていいの?」というくらいだったのでオススメします。

 

いかさま師の絵

本当に色々な名画があってどれも素晴らしいけど僕が好きな絵でルーブルのチケットにも使われている名画「ダイヤのエースを持ついかさま師」が見れて良かった。空いていたから多分3階だったかにあったこの絵はチケットになってるのに誰も見ている人がいなくてじっくりと見ることが出来た。ジョルジュ・ド・ラ・トゥールという作家の絵だがこの作家の絵は独特で光の描き方がすごくドラマチックだったりフラットな光だったりする。「ダイヤのエースを持ついかさま師」はフラットな光の中で4人の人物がトランプをしている絵だけどいかさま師が後ろでダイヤのエースを隠し持っている仕草やギョロッと横を見るご婦人の表情などとても現代的というか昔も今も人は変わらないなと思わせてくれる。ルーブルに行ったらこうしたモナリザ以外の名画も沢山あるので是非おすすめです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204173334j:plain

モナリザは近づけないので諦めて望遠で撮影しました。名画ですね。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204173436j:plain

ダ・ヴィンチの洞窟の中のマリアと子供達は指の細かい仕草がいい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204173611j:plain

凄いドラマチックな場面は迫力満点。白い女性の体が浮かび上がる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204173743j:plain

これも確実に美術の教科書に乗っていた類の絵だと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204173826j:plain

天使にキスされそうな純真な女性の初々しさとか美しいですね。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204173925j:plain

ミロのヴィーナスももちろんありました。石膏デッサン思い出す。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171204174001j:plain

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「ダイヤのエースを持ついかさま師」