読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LAアート速報2!

連日晴天に恵まれ気持ちのいい気温と眩しい太陽の日差しはやはりカリフォルニア。そんな中、ロサンゼルス現代美術館、通称「MOCA」に行ってみた。企画展が次回の準備でクローズしていたのは残念だったが美術館のコレクションは通常通りに見ることが出来た。様々なアメリカの現代アートが展示してあって現代のアメリカのアートの流れが分かる、そんな展示になっていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043022j:plain

MOCAの入り口、カリフォルニアの明るい日差しに照らされていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043403j:plain

Max Ernstのオブジェ、シュールな感じと偶像的な感じが混在。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043455j:plain

アメリカンアブストラクトペインティングは当時世界を席巻した。

これはArshile Gorkyのペインティング。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043626j:plain

奥にはジャコメッティの彫刻も見える。観覧するのは女性が多かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043730j:plain

絵の具を垂らして抽象絵画にしたジャクソン・ポロック

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043841j:plain

鉄の廃材を彫刻にしたジョン・チェンバレンの作品は圧倒的だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310043931j:plain

黒い塊のようなオブジェはLouise Nevelsonの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044103j:plain

学生の課外授業?館内はなぜかアートを見る若い女の子が多かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044208j:plain

ポップアートの巨人、ロバート・ラウシェンバーグの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044241j:plain

好きな作家でもあるジェームス・ロゼンクエストの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044316j:plain

これはかなり珍しいアンディー・ウォーホルの初期作のひとつ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044355j:plain

ロスコだけが展示してある部屋があった。作品を撮影する女性。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044442j:plain

若い女子とロスコ、いい感じの景色!おっさんとロスこよりもいい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044608j:plain

マーク・ロスコの作品は常に揺るぎない存在感で見るものに迫る。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044648j:plain

数多くの肖像画を描いたアリス・ニール、日本では余り知られていないかも。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170310044726j:plain

グルスキーの巨大な写真が最後にありました。凄い大きさ。

次はロサンゼルス群立美術館、通称「LACMA」をお届けします!

 

 

LAアート速報!

ニューヨークをあとにし、LAにやって来ました。久々のLAですが今回の目的の一つがミュージアム巡り。新しくダウンタウンにオープンしたザ・ブロードやLACMAと呼ばれるロサンゼルス郡立美術館、MOCAと呼ばれるロサンゼルス現代美術館、そしてウェストウッドにあるハマー・ミュージアムなどを見て回ります。では、ここからは写真とキャプションでLAのアートを一緒に体感しましょう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308231657j:plain

THE BROADの外観、斬新で未来的、そしてとてもエレガントな美しい建築です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308231908j:plain

長いエスカレーターで3階建ての館内に行くといきなりクーンズ!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232112j:plain

ウォーホルのクラッシックな作品もあって素晴らしいです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232155j:plain

エド・ルシェの作品も!ポップアートが沢山見られます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232327j:plain

個人的に好きな作家テリー・ウィンターズもあって興奮!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232453j:plain

これもクラシックというべきチャック・クロスのスーパーリアリズム

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232536j:plain

この一部屋はサイ.トゥオンブリーの作品で埋め尽くされてました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232633j:plain

リキテンシュタインの作品も多数。かなり初期の作品もあります。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232714j:plain

ジェフ.クーンズのわんちゃんもいます!それにしてもデカイ!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232805j:plain

ジェフ.クーンズの有名なマイケルとバブルスのオブジェは陶器製。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308232920j:plain

館内は広々してますが大人気なので予約するか1時間早く行くかです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233005j:plain

バーバラ・クルーガーの作品も結構あって見ごたえありました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233059j:plain

入館料は無料。子供達も若くして生の現代アートに触れるのです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233301j:plain

バスキアは他ではなかなか見れないような名作揃いなので見逃せません!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233419j:plain

またもやバーバラ.クルーガー。ブロードさんクルーガーファンなのかも?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233505j:plain

1階には壁面いっぱいに将来有望な作家ジョシュ・スミスの絵が!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233611j:plain

村上隆さんのフィギュアオブジェ。なんか懐かしい感じですね。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170308233702j:plain

1階展示室の出口にてドーンと見送ってくれるジョージ.コンドの絵画。

 

というわけでブロード・ミュージアムは建物、コレクションともにかなり凄いです。

これだけのアートを入場無料だなんてケチっ臭い日本のアート関係者にも考えて欲しいですよね、この気前の良さ。でも、そのためもあってか超人気の満員なので事前のネット予約か当日なら少なくとも1時間は早く行って並ぶことをお勧めします。

さて、次はロサンゼルス郡立美術館LACMAを紹介します。

 

NYアートフェア速報4!

それにしても寒過ぎるニューヨーク、最後に行ったのは68丁目とパークアベニューにあるアーモリー(兵器庫)で開催されているTHE ART SHOW。こちらもギャラリーやアートディーラー達がブースで作品を見せているがアップタウンということもあって床が一面カーペットで覆われているなど高級感がある。ニューヨークでアートディーリングを生業とする人達が集結している感じがしてこれはこれで興味深く面白かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101005j:plain

建物も巨大で凄かった、ショータイトルも照明でシックな感じ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101053j:plain

落ち着いた雰囲気の会場の床はカーペット。アップタウンの人が多い気がした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101200j:plain

あんまり見ない作家のジョンバルデサーリがあったのでびっくり。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101234j:plain

こんな古典的な作品も売っている。アップタウンのお金持ち向け?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101321j:plain

ピカソの作品もあったが青の色調が落ち着いた感じの一品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101429j:plain

このギャラリーはアレックスカッツ1点で勝負していた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101504j:plain

ウォーホルによるJFKの葬式でのジャッキーの肖像は1億7千万円。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170307101622j:plain

赤いアレキサンダーかルダーの彫刻は約4000万円でした。

NYアートフェア速報3!

連日マイナスの極寒の中、昨日はダウンタウンで開催している「independent」というフェアに行ってみた。このフェアはより斬新なアートを紹介するフェアらしくなかなかユニークな作品が多かった。見に来ているのもダウンタウンのヒップな感じの人が目立っていて、ファッション好きでアート好きという感じの人が多かったような気がする。今年のインデペンデントは面白いという噂は聞いていたけど確かに面白かった。こういうところで将来性のある作家を発見するのかな?なんて思いながら見て回りました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306075459j:plain

インデペンデントの会場入り口、映り込みの空気感が寒さを物語る。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306075616j:plain

グラフィティーを取り入れたいかにもニューヨークらしい作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306075818j:plain

「手作り感」全開のフィギュアが並ぶ作品はユーモアたっぷり。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306075943j:plain

若い人も多く見に来ていて女性も多かったのが印象的だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306080038j:plain

大好きな作家の1人レイモンドピットボンの作品もあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306080624j:plain

大きなキャンバスの下の隅にだけ絵があるというのも斬新?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306080711j:plain

ロックカルチャーとアートって親密な関わりがあるようです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306080806j:plain

ひとつひとつのメッセージを読んでると深い意味があるような気がする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306080907j:plain

真ん中を大胆にスプレーでシューってやるみたいな勢いある作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306081020j:plain

この作品にはとにかく色が凄く美しくて才能を感じた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306081406j:plain

展示ブースの中にギャラリー関係者がゆるーい感じで座ってます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306081502j:plain

この絵も色が奇麗だと思ったけど描かれてるのは不思議な情景。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306081600j:plain

毛糸のカバーに着色して作られたオブジェ?タペストリー?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306081652j:plain

この色合いも結構いいと思った、こういう作品はあまり見たことない。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170306081735j:plain

会場の中にデーンっと大きな怪物が!作品なんだろうけどでかい!

 

 

 

ニューヨークアートフェア速報2!

ニューヨークに到着した日は暖かさすら感じたものの翌日から気温はどんどん下がってマイナス1度くらいになりさすがに寒いです。そんな中、いよいよ今回最も期待するアートフェアのThe Armory Showへ行きました。マンハッタンの西、ハドソン川の上の桟橋の上にあるピア92とピア94が会場。桟橋の上といっても会場はかなり広くて見応えは十分といった感じ。今回は日本からもミズマアートや小山登美夫といったギャラリーも参加しているのでご激励のご挨拶も兼ねて会場に入ります。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305001822j:plain

3月1日から5日までのフェアを通しで行けるパスをゲット!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305001904j:plain

日本から参加のOTA FINE ARTSによる草間彌生の展示は公園みたい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002014j:plain

ミズマアートの展示は思い切って超巨大な会田誠の壁画一本勝負。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002104j:plain

アートフェアには必ずあるといっていいジュリアンオピーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002148j:plain

ネオンの作品はかなり大きいけどお洒落な印象でした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002230j:plain

会場には休める場所もあって歩き疲れたらゆったり出来る。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002327j:plain

これもアートフェアでよく目にする縦に潰れたような巨大な彫刻。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002418j:plain

人気のアメリカ作家、アレックスカッツの作品もかなり良く見ます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002458j:plain

あーこの気持ち分かる!って感じのネオン管メッセージの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002648j:plain

アブストラクトペインティングの巨匠、デクーニングの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002735j:plain

スハルトリヒターの作品、カッコいい!けどいくらするんだろう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002817j:plain

またもアレックスカッツの作品。これは4000万円だそうです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002856j:plain

ウォーホルのドルサインの作品は色がいい感じで金があったら欲しい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305002951j:plain

アメリカの作家アレキサンダーカルダーもアートフェアには多い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305003037j:plain

シュールな印象のスカルプチャー、誰が買うんだろうか。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305003127j:plain

NYの人気店がカフェに数多く出店しててインテリアもお洒落。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305003229j:plain

ファッションのようなアートのような不思議な作品もある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170305003302j:plain

会場の外にはなんとテスラーが!誰でも試乗出来るのです。

NYアートフェア速報!

青森に間違えられるショー

今ニューヨークに来ています。目的はアーモリーショー(The Armory Show)というアートフェアを見るため。日本でアーモリーに行くというと青森?なんで?と言われた聞き間違えやすいややこしい名前のアートフェアですが、なぜ(armory=兵器庫)なんて名前かというと昔はマンハッタンにあった古い兵器庫だった建物で開催されていたからなんです。今は場所も変わってウェストサイドの桟橋の上の広い会場になったものの名前だけは残ったわけです。毎年この時期、ニューヨークはこのアーモリ−ショーを中心にマンハッタンの各地で様々なアートフェアが開催されて盛り上がるので一度は来てみたかったのですが今回それが叶ったのでした。さて、ここからは沢山の写真とキャプションでリポートします!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303232724j:plain

アートフェアが始まるのは午後なのでまずはホイットニー美術館へ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303232826j:plain

大好きな80年代のペインティング展開催中!これはクリストファーウール

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303232958j:plain

大好きだったディビットサーレもありました、感激!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233029j:plain

小さい作品も色々なのがあって見応え十分です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233117j:plain

各フロアから外のベランダに出られるホイットニーは開放的。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233219j:plain

そして午後、アートフェアに。まずはNADAというフェアへ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233309j:plain

日本から参加していたMaki Fine Artsの作家の作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233402j:plain

不思議な感覚を覚えるずれと重なりのポートレート

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233510j:plain

会場には沢山のニューヨーカーや世界中からのアートファンがいました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170303233626j:plain

今回のNADAで一番気に入った作品。全てカラーペンで描いてます。

ということで次回は青森ではなくArmoryショーをお届けします。

 

 

 

 

光り輝くガラス

30歳を過ぎてから作家に

4月1日まで六本木のcomplex665にあるShugoArtsにて川嶋りつ惠さんの個展「星々」が開催中だ。粘性の高いベネチアガラスによって様々な作品を生み出す作家は最初からガラス作家を志していたのではないそうだ。たまたま移住したベニスで30歳を過ぎてから人生のある転機を迎えヴェネチアン・グラスに作家としての人生を生きる道を見出したのだという。

 

光を受ける放つ

そんな人生の思わぬ展開はこの作家の類い希な才能をガラス作品作りへと導いたのだが、今では現代ヴェネチアン・グラスの代表的なアーティストとして日本のみならず世界的な名声を確立させている。今回の展覧会タイトルである「星々」はふと浮かんだのだそうだが、宇宙の中の人々、今を生きる我々、その愛おしいひとつひとつ、我々に秘められた透明なひかり、生の輝きといった思いがここには込められている。ガラスという繊細かつダイナミックな素材はひかりを受け、そしてひかりを放つ。宇宙の星もまた同じく、ひかりを受けては放つ存在だが全てがシンクロするような壮大な連帯感が感じられる。静寂の中で様々な角度から見るとガラスの奥に自分も映り込むし、きっと様々なひかりに出会えるはずだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170226151237j:plain

展示台の下からの照明によって浮かび上がるように光るガラス作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170226151326j:plain

粘性の高いヴェネチアガラスの特性を生かしたフォルムが美しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170226151416j:plain

シルバーをが練り込まれたガラスの連なる繊細なタワー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170226151505j:plain

ガラスとシルバーの反射に回りの景色が不思議に写りこんでいる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170226151614j:plain

色々な組み合わせのガラス作品は木の台座に備え付けられている。