ジェフ・クーンズ

話題作りの達人

アートバーゼルマイアミからの画像はまだまだあるが、ここでジェフ・クーンズというアーティストに関して少し話したい。ジェフ・クーンズといえば美術評論家達の評価は真っ二つに割れることでも有名で良くも悪くも賛否両論の話題に事欠かない作家だ。美術界の専門家の評価は別にして彼を好きか嫌いかでいえば僕にとってジェフ・クーンズは好きな作家だ。80年代ソノベント・ギャラリーでデビューした彼は様々な作品を作ってきたが元ポルノ女優でイタリア議員だったチョチョリーナと結婚して彼女とのヌードシーンの写真展を見た時は本当に度肝を抜かれた。セックスする二人の大きな写真が並ぶソノベント・ギャラリーのあの時の異様な雰囲気は今でも忘れられないが皆凍りついたような感じだった。アメリカンキッチュを表現する作家として有名なジェフ・クーンズだが彼にとってアートとは作品そのものでもあるけど、その制作プロセスやそれがコレクターにコレクションされたり著名な美術館で展示されるところまで含んで考え抜かれた「現代アート」という一つの一大イベントのようなものなのかもしれない。近年は大きなバルーンドッグがクリスティーズで60億で競り落とされたあたりからかなり有名な作家となり生きている作家としては最も高額な値段の作品を作る一人となった。今回のアートバーゼルマイアミではジェフ・クーンズが最近ルイ・ヴィトンでも展開しているMASTERSコレクションの絵が沢山売られていた。ゲイジング・ボール・シリーズというこの一連の絵画はモナリザに始まりピカソやゴホ、マネ、ブーシェドラクロワターナーゴーギャンなどの過去のマスターピースの前に青い球体を取り付けたオブジェ作品になっているが絵画自体もそっくりの複製画を描いているという緻密さはジェフ・クーンズならではである。巨大なスタジオで100人以上のアシスタントに指示を出し話題性の強い衝撃的なアートを生み続ける彼にとってはもしかしたら世間がざわついたり評論家の酷評を浴びることこそが最も嬉しい評価なのかもしれない。いずれにせよ僕はダミアン・ハーストといいこのジェフ・クーンズといいもの凄いスケールでバカをやり続けるアーティストと同じ時代に生きて目撃できるのは画期的なことだと思っている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154249j:plain

MASTERSコレクションのゲイジングボールバージョン。他にも

アートバーゼルマイアミにはプリント板の作品も沢山あった。

プリントはボールではなく丸いミラーが絵にはまったシリーズ。

ここからはそれらの画像を一挙にお見せします!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154400j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154413j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154454j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154515j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154531j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154545j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154600j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171224154613j:plain

 

Art Basel Miami Vol.3

アートバーゼルからの作品画像を続けます!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223183634j:plain

アレックス・カッツの絵を金属パネルにしたオブジェ的作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223183743j:plain

ミニマルアートの作家、エルスウォース・ケリーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223183820j:plain

古典絵画の前に青い球体を置いたジェフ・クーンズの新作!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223183921j:plain

こちらもジェフ・クーンズで古典的な彫刻と球体の作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184017j:plain

壁面いっぱいに展示された色とりどりのラインの作品は目立った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184106j:plain

アートフェアにはいつもある細長い顔の巨大な彫刻。誰が買うのか?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184209j:plain

白雪姫の小人?この過激な彫像はポール・マッカーシーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184329j:plain

アリス・ニールの作品も本当に多くてアメリカでの人気がわかる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184410j:plain

アメリカ人作家のジョッシュ・スミスの作品は黒い椰子の木。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184517j:plain

これも人気の作家、トム・ウェッスルマンの作品、いい感じだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184620j:plain

なんだか分からないグチャグチャのオブジェ。買う人いるのかなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171223184714j:plain

アートを見て回るのは疲れます、そんな時はカフェで休憩。

作品画像はまだまだ続きます!

Art Basel Miami Vol.2

アートバーゼルからの作品画像が続きます!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153608j:plain

キノコが可愛い感じのインスタレーション

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153637j:plain

いじける子供?と見つめるメイドさんの人形オブジェ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153731j:plain

プーさん?スプレーで塗りたくられてちょっと無残な姿。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153806j:plain

なんか、面白いキャラクターが集結。森の妖精か?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153836j:plain

色と形のコンポジションがいい感じの平面作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153918j:plain

写真のような不思議な作品は目を引きました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222153951j:plain

ドイツのがかジョージ・ばせリッツの作品は逆さまな人?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222154036j:plain

鉄の塊の彫刻で有名なリチャード・セラのプリント作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222154111j:plain

色合いや絵の具の盛り方が大胆で勢いのいい絵画。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222154158j:plain

またもアレックス・カッツ!本当に人気あります。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171222154231j:plain

フランク・ステラの巨大な作品は絵画のような立体のような。

VOL.3に続きます!

 

Art Basel Miami Vol.1

遂に!アートバーゼル

 

さて、遂に今回1番の目的だったアートフェア、アートバーゼル・マイアミにやってきました。スイスで始まったこのアートフェアはマイアミにも展開し、今では香港でも開催されている世界最大のアートフェアです。世界中から一流のギャラリーが集結するこのフェア、わざわざ世界中に行かなくてもここで全てのギャラリーのアートが見れる、買えるという素晴らしいアートフェアなのです。会場はマイアミ・コンベンションセンターというだだっ広い施設ですがそこに数百以上のギャラリーがブースを出して近代アートから現代アートまで出展しています。ここからはもう説明もいらないので写真とキャプションで紹介していきます。あまりの画像枚数なのでVol.1から見せれる限りをアップいたします!そんなわけで、2017年もいろいろなアートを見たけど最後はまたアートバーゼル・マイアミでフィニッシュとなりました。来年は香港のバーゼルにでも行ってみようか、またはニューヨークのアーモリーショーにでも行こうかなど考えつつ今年もそろそろ終わりますね!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145329j:plain

いきなりスターウォーズを使ったアートに遭遇!今年はやはりこれ?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145435j:plain

なんか、作家はわからないけどなかなか面白い絵だったので。。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145503j:plain

古い大理石の胸像の顔の部分を彫り込んで不思議なものにしてる作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145604j:plain

来年のキーワードは80'sらしい。懐かしいアシュリー・ビカートンの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145710j:plain

便器が二つ吊るされています。1個はライト付き。買う人いるのか?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145807j:plain

ちょっと政治的なメッセージのある作品?武器社会への警鐘?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145842j:plain

ここでも80's?インパクトあるバーバラ・クルーガーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221145944j:plain

ジョージ・コンドはすごく人気あるみたいで作品がいっぱいあります。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221150022j:plain

アリス・ニールの肖像画、不動の人気だと思われます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221150102j:plain

ロバート・ロンゴの作品は木炭で描かれていて超リアルですごい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221150235j:plain

デヴィッド・サーレの近作。この人も80'sのスターでした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221150324j:plain

作者はわからないけど面白い絵でした。なんか美しいです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221150405j:plain

五木田智央の作品もありました、近年一番ブレイクした日本人作家。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171221150445j:plain

OBEY THE GIANTで有名なシェパード・フェアリーの作品。

VOL.2に続く!!

NADAへ

新たな場所で

NADAThe New Art Dealers Allianceの略)とはニューヨークで発足したアートディーラーの団体でニューヨークでもアートフェアを開催している他にここマイアミでも毎年マイアミアートバーゼルの時期にアートフェアを開催している。今回からは場所を新たにアイスパレススタジオという建物に引っ越して開催されたがマイアミらしい味のある佇まいの建物で中も広くとても見て周りやすかった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220150616j:plain

いかにもマイアミという感じのヤシの木と新しい会場の建物。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220150651j:plain

オープンなカフェエリアは皆の休憩や交流の場となっている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220150733j:plain

一番大きなスペースはソファや椅子も置いてありゆったりしている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220150856j:plain

ブースでは作品の展示販売の他にトートなどのグッズも売っていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151008j:plain

ギャラリーの前に椅子とテーブルを出してカジュアルな雰囲気だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151046j:plain

可愛いカフェコーナーではコーヒーの他にも様々なドリンク類が買える。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151220j:plain

左右にブースが展開している会場内で話す人たちには活気があった。

新進気鋭のアート

NADAの特徴は新進気鋭のアーティストを紹介するギャラリーが多いことで現代アートのこれからを担うような作家を積極的に取り扱うギャラリーが多い。NADAに加盟するには招待されなければならず、ボードメンバーの許可で初めてメンバーになれるだけあって参加ギャラリーはそれぞれに個性豊かな精鋭揃いだ。日本から小山登美夫ギャラリーも参加していたので応援がてらブースを訪れたが、もっと日本からも他のギャラリーにも参加してほしいフェアだと思った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151403j:plain

ちょっと政治的なメッセージが感じられる作品も多い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151448j:plain

個性的な若手の作品展示が多くてなかなか興味深いフェアである。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151542j:plain

不思議な感覚に襲われるこのペインティングは結構気に入った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151621j:plain

既に売れている作家の作品ではなくこれからの作家の作品が多い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151711j:plain

インパクト勝負な作品も多いのがこのアートフェアの特徴だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151816j:plain

この作品も結構気に入った一つで色と形が面白いと思った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220151902j:plain

小さな作品だったけどなぜかとてもユニークで気になる作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171220152034j:plain

日本からは小山登美夫ギャラリーが参加し若手作家とモノ派を展示。

 

art miami

新たな場所で!

さて、アートバーゼルマイアミを見る前にサテライトのフェアでは最大規模で今年から新たなロケーションに引っ越したアートマイアミを見に行ってみた。より海に近いロケーションに引っ越したアートマイアミだが規模も大きくなってCONTEXTという同じくらいの大きさのフェアも併設していた。入場料も去年の一人20ドルくらいから50ドルにアップしててびっくりしたけど中に入ると仮設のテントの中とは思えないほどしっかりした壁面が設けられ巨大なアートがたくさん展示してあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219172628j:plain

アートマイアミの入り口、入場料が上がっただけのことはあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219172709j:plain

大混雑のフェア会場内、様々な人がアートを見に来ていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219172759j:plain

人気作家アレックス・カッツのペインティング、たぶん数千万円以上はする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219172903j:plain

こちらはダミアン・ハーストの作品、かっこいい!でも高い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173026j:plain

ロバート・ロンゴの作品はチャコールで描かれた写実的ドローイング。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173146j:plain

ピカソの版画なんかも売っていたりする、欲しいですね〜

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173215j:plain

コミカルなヌードシリーズはコレクターの多い人気作品でもある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173300j:plain

現代アートが並ぶブース、全てため息の出る値段に違いない。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173412j:plain

モンドリアンの絵がバブルラップされてるような面白いだまし絵。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173504j:plain

アレキサンダー・カルダーの絵は人気なのか至る所で扱っていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173552j:plain

作家はわからないけど、なんかすごく美しかった雪山の写真作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173706j:plain

チャック・クロースによるルー・リードの肖像はタペストリーだった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173815j:plain

こちらも人気のエド・ルシェのプリント作品。彼の作品も沢山あった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219173955j:plain

油彩画とは信じられないような写実画も毎回フェアで見かける。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174115j:plain

珍しいル・コルビジエの絵画作品もあった。すごい素敵!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174236j:plain

作家はわからなかったけど動きのある映画のシーンみたいな油彩画。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174354j:plain

奈良美智さんの作品もちらほらありました、高嶺の花ですが。。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174534j:plain

KAWSスヌーピーシリーズの新作かな、欲しいなあ。

幅広いアート満載

アートマイアミには有名な現代アートのセカンダリーマーケット(流通うもの)の作品もあれば現代アートの文脈からは外れているけど面白いアートや売れ線のアートなど幅広いアートが満載でコレクターとして買うも良し単に好きだから買うも良しという感じでかなりカジュアルなフェアと言って良い。ここで現代アートのセカンダリーマーケットの作品を買うのもありだし、無名でも気に入ったアートを買う人も多い。来ている人たちも家族連れがすごく多くて子供と一緒にアートを見て楽しい時間を過ごしている感じがする。バーゼルももちろん良いけどこういうカジュアルなフェアも大規模にやれるところにアメリカのアートマーケットの裾野の広さを感じる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174612j:plain

アートマイアミに併設された同規模のコンテックスマイアミ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174720j:plain

ここ数年で大ブレークしたクリストファー・ウールの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174810j:plain

なんとケニー・シャーフの作品が!懐かしい80’sを感じます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174917j:plain

ここにもアレックス・カッツ。本当に人気があるなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219174958j:plain

バンクシーもあります、色々といっぱい売ってますよ!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219175117j:plain

毎回ジョージ・コンドの絵画も沢山あって人気の高さを感じる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219175200j:plain

ダミアン・ハーストのコーナーは人気インスタスポットになってました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171219175247j:plain

くわえ煙草のブリジット・バルドーの写真は格好良かった!

ファミリーの財団

ルベル・ファミリーコレクション

ペリッツ・ミュージアムの次に向かったのは「Rubell Family Collection Contemporary Art Foundation」という長い名前の財団が運営するスペースだ。ギャラリーと呼ぶには大きすぎるのでミュージアムと捉えた方がいいと思われるこのルベル・コレクション、その名の通りルベルさんというお金持ちのファミリーが運営する現代アートのコレクション財団だ。体育館二つ分くらいはあろうかという広々とした1階のスペースには大作の絵画作品が展示され、幾つもの部屋に分かれた2階でも斬新なアート作品が展示されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218154515j:plain

不思議な人形のアートが目を惹くファンデーションのバナー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218154610j:plain

緑に覆われた外壁、この中に巨大なスペースがある。入場無料。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218154655j:plain

巨大な展示空間を誇る1階の展示スペース、素晴らしい規模。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218154745j:plain

アリソン・ザッカーマンという作家の巨大な絵画が展示されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218154832j:plain

同じく1階の奥にはいくつもの部屋に分かれた展示スペースがあった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218154923j:plain

シュールっぽくて面白い表現がすごく気に入った絵画作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155034j:plain

コンセプチャルな作品は、リアルでちょっと怖い感じでした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155115j:plain

こちらの作品も何を言いたいのか?ちょっと怖い系の作品でした。

屈指のアート財団

1964年の設立というからずいぶん歴史もあるこのルベル・コレクションは7000以上の現代アートをコレクションしていてマイアミのスペースで展示する他にも美術館への貸し出しなども行なっているという。また、このアメリカでも屈指のアート財団にはライブラリーもあり4000冊以上の所蔵本を誇り現代アートのリサーチの場としても素晴らしい機能を持っている。日本には現代アートに特化したここまでの規模の財団施設はないのでとても羨ましいと感じた。さて、次はアートマイアミに行きます!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155206j:plain

2階へ上がると大きなパネル状のサルがお出迎えしてくれました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155302j:plain

女性の股間でくるみを割って食べてもいいという作品。不思議。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155358j:plain

すごくリアルな彫刻が並ぶ空間、生きているみたいにリアルだった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155434j:plain

この作品もちょっと怖かった。でもコレクションの懐が深い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20171218155523j:plain

この作品は有名で以前にどこかのアート本で見たことがあった。