NY FRIEZEリポートVol.6

TEFAF NY

昨日東京に戻ってきましたがまだNY FRIEZEリポートを続けます。フリーズは一通り見たので最終日には同じ時期にマンハッタンのアップタウンで開催されているアートフェア「TEFAF NEW YORK 2018」を見に行きました。ヨーロッパ発祥のこのフェアは現代アートでも巨匠級の作家の作品や近代アートのマスター、ギリシャなどの古代のアートに豪華な家具の数々や装飾品などが展示されるラグジュアリーなアートフェアです。会場はパークアベニューにあるアーモリーで1階と2階に高級そうで心地よいカーペットが敷かれ豪華な雰囲気でブースが立ち並ぶお金持ち専用のフェアって感じでした。やはりアートはお金持ちの究極の趣味なんだなあとか、インテリアやアートに贅を尽くすのがお金持ちにとっては当たり前なのだと実感させられる圧巻のショーでした。FRIEZE ART FAIRも面白かったけど、西洋社会でアートがどういうふうに流通しているのかが実感できたところはTEFAFを見れて良かったと思いました。ここからは写真とキャプションでその全貌をご紹介しますが何しろ数が多いので5回に分けてご紹介します。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509092527j:plain

重厚なレンガ造りの建物のパークアベニューアーモリーが会場です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509092619j:plain

いきなり見たこともないアレキサンダー・カルダーのモビリールが。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509092700j:plain

ジョルジョ・モランディの静物画。いい趣味の絵です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093116j:plain

ジョセフ・アルバースの作品。渋い作品だが重要な作家。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093207j:plain

ミュージアム級のピカソも数多く見ました。これとか凄い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093254j:plain

エヴァ・ハッセの抽象画。素晴らしいコンディションです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093336j:plain

これも素晴らしいアレキサンダー・カルダーの小さな彫刻。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093407j:plain

リキテンシュタインもありました。何億円するのか。。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093435j:plain

デ・スコット・エヴァンスという作家の作品。絵の裏を描いてる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093554j:plain

フランシス・ザヴィエー・ビスプレの割れたガラスのだまし絵作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093650j:plain

ミロの作品。なかなか見たことないなあ、こんな凄いミロは。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093736j:plain

マン・レイは人気の作家で写真を集める人が多いようです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093822j:plain

巨匠ロバート・マンゴールドの大作。シンプルに圧巻です!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180509093905j:plain

これはジョセフ・アルバーツの可愛らしい一品。

 

NY FRIEZEリポートVo.5

NY Bits& Pieces

Frieze NY の後はもう一つ開催中のヨーロッパで始まったアートフェアのTEFAFに行きました。その話は次回として今回はニューヨークで行ったお店などを紹介します。今回もよく見てよく食べたニューヨーク、素敵なお店や美味しいレストランがたくさんあるニューヨークの魅力を少しだけ紹介したいと思います。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221203j:plain

宿泊したホテルの1階にある話題のフレンチのクウクウ。美味しかった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221315j:plain

前菜とメインを選ぶメニューからツナとグレープフルーツのサラダ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507223626j:plain

メインは魚介の一皿。ムール貝や貝柱など美味しかったです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221502j:plain

ローマン&ウィリアムスが運営するGUILDは話題のお店です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221623j:plain

レストランの併設されテイルインテリアショップが可愛い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221705j:plain

どこを見ても素晴らしいインテリア商品がディスプレーされてました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221751j:plain

全ていいけど特に食器類の充実ぶりが圧倒的で欲しいものだらけ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221851j:plain

こんな素敵なテーブルセッテイングができたらいいなあと言う感じ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507221931j:plain

アートポスターやアート関連の本もたくさん売ってました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222020j:plain

美味しいイタリアンならここ!CARBONEはNYUエリアにあります。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222115j:plain

座ると出されるガーリックトーストとブラッタチーズ。美味い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222219j:plain

この店の名物はミートボール!トマトソースにジューシーなお肉。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222326j:plain

パスタの一押しはこれ!ウォッカトマトのソースが美味!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222437j:plain

ブルックリンにできたばかりのホテル「ワン」はお洒落です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222524j:plain

ロビー脇には素敵なカフェもあってとても便利。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222605j:plain

ゆったりしたロビーはグリーンでいっぱいでオーガニックな雰囲気。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222659j:plain

ロビーの奥には素敵なバーがありました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222756j:plain

アッパーウェストにある人気のレストランメゾンピックル。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507223031j:plain

広い店内はお客さんでいっぱい。入り口には列ができてました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507223119j:plain

いい雰囲気のバーカウンターでランチする人も多かったです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222830j:plain

名物のピックルス盛り合わせ。いろんな野菜がピックルスになってます。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507222911j:plain

ツナサラダはレアに焼いたツナとたっぷり野菜のサラダでした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507223209j:plain

4分の1にカットしたレタスの上にローストビーフが盛られた一皿。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507223254j:plain

カリカリポテトの上にサーモンが盛られた一品。美味かった。

 

NY FRIEZEリポートVol.4

再びFREIZEへ!

FREIZE ART FAIR も週末を残すのみとなったので再び会場を訪れてじっくりと見て回ることにした。FREIZEはアートフェアなのでもちろん世界中からギャラリーが集まってくるのだがNYのギャラリーやアメリカのギャラリーが数的には多いと感じた。会場のテントはすごく横長で北と南に入り口があるので北から入って南に向かいUターンして北に戻る感じになるが、見忘れたセクションがあるんじゃないかと心配になる四角い形の会場よりも見て回りやすい。そんなわけで今回初のFREIZE ART FAIR だったがこの時期のNYの天候は最高にいいし、会場も天井が高くてブースもきちんとデザインされて作品が見やすく、レストランやカフェもお洒落で美味しかったので大満足だった。来年もぜひまたきたいなと思わせてくれる素晴らしいアートフェアでした。

 f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507004921j:plain

キャロル・ダナムのドローイング作品は約1千万円。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005056j:plain

沢山の来場者がいたが皆お洒落でアートを見るのが楽しそうだった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005137j:plain

ガゴジアンギャラリーではロバート・テリンの作品のみを展示。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005258j:plain

David Zwirner Gallery一押し作家のJordan・Wolfsonの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005451j:plain

Josh・Smithの作品も特集されていて面白かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005544j:plain

アンドレ・グルスキーの巨大な写真作品。誰が買うのか?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005619j:plain

作家はわからないが好きだなと思った抽象画。絵の具の量がすごい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005656j:plain

フィリップ・ガストンのペインティング。買うなら渋いチョイスだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005742j:plain

Lehmann・Maupin galleryにあったオブジェ作品は色が綺麗だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507005914j:plain

ETとエリザベステイラー?不思議なドローイング作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010004j:plain

Tina・Barneyのアーティストポートレートジョージ・コンドだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010134j:plain

今回唯一見かけたキース・ヘリングの作品は巨大だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010216j:plain

懐かしいデヴィッド・サーレの近年の作品があった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010317j:plain

ジョージ・コンドの巨大な絵画作品。人気の作家だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010404j:plain

バセリッツの絵画の手前で待機するスタッフ。お洒落だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010449j:plain

リキテンシュタインのオブジェ。数千万?億?するかも?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010538j:plain

ホックニーのオリジナル作品。なんか色とか可愛いなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010626j:plain

このホックニー作品はミユージアムがお買い上げになったそうだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010702j:plain

アンディー・ウォーホルのイラストレータ時代の作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010749j:plain

50年代のウォーホルの作品だがすごく洗練されてて素敵だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010843j:plain

木と根っこと土を丸ごと作品に!写真撮る人が多かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507010931j:plain

カフェスペースもお洒落。こちらはブラックフォックスコーヒー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507011014j:plain

ロバート・マザーウェルの作品は数千万円はするはず。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507011128j:plain

ロゼンクエストにしてはシンプルで珍しい絵だ。初めて見た。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180507011217j:plain

外の景色を見ながらランチ。テラス席もあるので気持ちいい。

 

NYFRIEZE リポートVol.3

ARAKI

FRIEZE ART FAIRも残すところあと2日、すでに2回訪れたがまだまだ見切れない中、マンハッタンにあるMUSEUM OF SEXで開催中のアラーキーこと荒木経惟の大々的な回顧展に行ってみた。MUSEUM OF SEXは人間と性をテーマにした変わった趣向のミユージアムで1階のミュージアムショップにはTシャツなどとともにSMグッズや電動こけし、テンガなんかも売っているちょっと過激なミュージアムだ。今回、アメリカで初の大規模なアラーキーの回顧展「THE INCOMPLETE ARAKI」が開催されたが日本が誇る異端児アーティストの50年に及ぶアーティスト活動の全てを見ることができた。昨年オペラシティーで開催された写狂老人も見たが今回の回顧展はアラーキーの全貌を違った角度から解き明かすような見事な展示となっていた。150点ほどの代表的な作品に加えて400冊にも及ぶ今までの出版物や500枚のポラロイドの他に歌手のビヨルクや関係者たちのインタビユー映像なども展示されて何かとお騒がせなアラーキーの全容に迫る展示だった。日本人に限らず、人間の愛と喪失をその写真で語ってきたアラーキーのセンチメンタルな作家人生が垣間見れる素晴らしい展示は圧巻でした。さて、そろそろまたFRIEZE ART FAIRへと戻って次回はさらにリポートします。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180505230223j:plain

薄暗い展示室の入り口にARAKIの文字が!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180505230256j:plain

被写体も凄まじいが写真としての完成度がずば抜けている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180505230345j:plain

生とは儚くて美しく、なんて思いが伝わる気がする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180505230452j:plain

壁一面にアラーキーの世界が広がる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180505230525j:plain

50年の作家人生の中で生まれた膨大な数の書籍なども展示された。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180505230607j:plain

展示に見入るアメリカ人。何を思うのだろうか。

 

NY FRIEZE リポートVol.2

チェルシー

FRIEZE ART FAIRは土日にまた行くとしてアートフェア期間中に様々なオープニングレセプションがあるチェルシーのごャラリー街へ向かった。新しいギャラリーやお店、びっくりするような高級コンドミニアムなどがどんどんできているこの地区はアート界の好景気の恩恵を受けて発展している。新しいお店や注目のギャラリーをチェックしてみた。お店で面白かったのはSTORY/WORK/SPACEというセレクトショップでこの店では働くとか仕事の効率化みたいなこととデザイン性機や能性をコンセプトにした雑貨やファッション、書籍などを販売していた。コンセプトも面白いがセンスがいいのでついつい買い物してしまいそうなお店だった。ギャラリーはアートフェア期間中なのでガゴジアンでダミアン・ハーストの新作のドットシリーズのオープニングレセプションがあったり色々あったけど夕食に行くため途中で時間切れ!チラッとしか見れず写真もあまり撮れずでしたが明日あたりまたゆっくりと見に行くつもりですにしてとりあえずは最新のチェルシーを満喫できた午後でした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504225235j:plain

STORYの店内にはコンセプトのいいものがいっぱいで面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504225312j:plain

ハウツー本やチョコレート、ガジェットやbaseball capまである。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504225414j:plain

書籍もデザインが可愛いので思わず買いたくなってしまう!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504225509j:plain

David Zwirnerではマーレーン・デュマスの展覧会が開催されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504225825j:plain

ミュージアムのような広さのDavid Zwirnerギャラリー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504225900j:plain

キャロル・ドゥーハムの新作展も開催されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504230036j:plain

マシュー・マークギャラリーではテリーウィンタースの新作展。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504230117j:plain

メアリー・ブーンギャラリーではロウリー・シモンズの展覧会。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180504230150j:plain

 

マールボロウギャラリーでも斬新な作家の絵画展レセプション。

NY FRIEZEリポートVol.1

FRIEZE VIP DAY

NYで開催されるFRIEZE ART FAIRは5月3日からオフィシャルに始まるがまずは先立って行われた5月2日のVIP DAYに行ってみることにした。会場となるのはマンハッタンの北東に位置するランダルズアイランドという島でここには刑務所なんかもあるので普段は誰も行かないような場所なんだそうだ。会場へのアクセスにはグッゲンハイム美術館からのバスや35丁目のイーストリバー沿いにある桟橋からフェリーの無料サービスなどがある。緑の美しい川沿いに建てられた巨大な特設会場は真っ白いテントで青空の下で輝いていた。

 

沢山の参加ギャラリー

開催地であるニューヨークは現代アートのメッカだがフェアには地元のギャラリーの他にも沢山のギャラリーが世界中から集まり様々な展示販売を展開する。GAGOSIAN、PACE、PERROTIN、LISSON、ZWIRNER、MARIAN GOODMAN、CHIEIM&READ、MARKS、BLUM&POE、LEHMANN MAUPINなどなど有名ギャラリーが軒を連ねる。それぞれに面白い企画展示をしていたが凄かったのはやはりGAGOSIANギャラリーでROBERT THERRIENの巨大な折りたたみチェアを会場に展示して彼の作品のみので展示していたのが圧巻だった。そんな感じで初日はざっと流すように見たので今日か明日にまた会場に行って気になった展示をゆっくりと見てみたいと思った。初めてのFRIEZE VIP DAYだったが展示作品はもちろん来場者もお洒落だったし会場も素晴らしかったし併設されたレストランも美味しくて楽しかった。さて、ギャラリーや他のフェアも見ようかなど迷いつつまたNYレポートいたします!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503210401j:plain

白いテントに黒い文字でFRIEZE ART FAIRのロゴが目立つ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503210453j:plain

ランダルズアイランドの川沿いの緑の中に建てられる特設テント。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503210607j:plain

会場へはフェリーで行くと15分ほど、気持ちいいかもしれない。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503210712j:plain

会場に入るとすぐにPACEがホックニーの特集展示をしていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503210815j:plain

VIP DAYだけに関係者オンリーな感じでお洒落な人も多かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503210903j:plain

森万里子の新作も展示されていた。さりげなく置いてあるので注意!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211007j:plain

沢山の作品を展示するギャラリーもあって全て見るのは体力がいる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211140j:plain

色々な作品があって本当に面白い!このアメリカ国旗も作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211227j:plain

僕の好きな作家ドナルド・バチュラーも展示してあって嬉しかった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211319j:plain

商談するギャラリーとコレクター?アート界の最前線だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211412j:plain

ガゴジアンギャラリーのロバート・テリンの作品は大迫力だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211527j:plain

これもロバート・テリンの作品。ギャラリーの力の入れようがわかる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211639j:plain

カイカイキキではミスターや奈良美智さんの作品があった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211719j:plain

カイカイキキに展示されていた奈良美智さんの巨大な陶芸作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211819j:plain

ガゴジアンギャラリーが村上隆ブースも出していて懐かしい作品が!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211909j:plain

作家はわからなかったがいいなと思ったアブストラクトな作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503211942j:plain

不思議なオブジェ作品のバックにはアリス・ニールの肖像画が。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503212036j:plain

ジャック・ピアソンの作品も展示してあってかっこよかった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503212117j:plain

会場にはお洒落なで店が。これはストンプタウンコーヒー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503212219j:plain

移動式の焼き窯で焼くピザも人気でみんな食べていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180503212327j:plain

かなり本格的なピザでびっくりするほど美味しかった。

JONAS WOOD

プリント展

5月2日から開催されるFRIEZE ART FAIRを見にニューヨークに来ています。前日入りしたのでGAGOSIAN GALLERYで開催中のアーティストJONAS WOODのプリント展を見にアップタウンへ。近年のアメリカの作家の中でも人気急上昇中のJONAS WOODの初のプリント展ということで広いギャラリー内に展示されている作品は全て完売。さすがの人気で明日から始まるFRIEZE ART FAIRでも彼の作品には注目したいと思います。

 

植物シリーズなど

JONAS WOODは個性的で楽しいい線や形、色が特徴でどの絵にもオブジェクトへの愛情が滲み出た作品で人気を得て来た作家です。アメリカの作家らしく明るくて自由な作風が世界的に認められて来ているのです。様々な植物のシリーズや壺などのオブジェたち、バスケットボールやテニスコートを描いたシリーズはどれも魅力的で完売するのも理解できる才能溢れる作家だと思いいます。さて、早速アメリカの現代アートパワーを見せつけられたところでFRIEZE ART FAIRに向かいます!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180502205413j:plain

植物のシリーズ。独特のコラージュ的世界とセンスの良さが光る。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180502205506j:plain

巨大なバスケットボールシリーズの作品。作品が完売するのもわかる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180502205556j:plain

ツボのシリーズはとてもユーモラスで魅力的!可愛い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180502205657j:plain

なんとも言えない独特の線の使い方がセンス抜群です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180502205734j:plain

こちらもコラージュ的な花のシリーズ作品。存在感が素晴らしい。