HARUMI’S SUMMER

パルコ世代

6月6日から8月25日まで銀座にあるギンザ・グラフィック・ギャラリーにてイラストレーターの山口はるみ展が開催されている。山口はるみの作品を見るのは渋谷パルコの閉館最後の展覧会以来だが今回はギャラリーの中央にプールのある1階は「SUMMER」がテーマで地下はグラフィックデザイナーのYOSHIROTTENが山口はるみの今までの代表作を壁一面にグラフィカルに再構築するという趣向だ。1970年代終わりから80年代にかけて、パルコの宣伝とともに華々しく現れた山口はるみのイラストレーションはパルコ世代の僕にとって本当に衝撃的だった。エアーブラシという手法も初めてだったしああいう躍動感ある女性像を絵にするイラストレーターもそれまではいなかったと思う。今見てもちっとも色褪せないのは彼女の作り上げた作品世界が本物であった証だと思うし今もそしてこれからもきっとずっと「新しさ」という独自の雰囲気を持ち続ける作品だと思う。この夏は是非皆様も山口はるみで更にホットに過ごしていただきたいです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709200829j:plain

プールのある1階のテーマはSUMMERといったところだろうか。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709200911j:plain

女性が艶かしく泳ぐ姿はPARCOの宣伝に使われたイラストだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709200945j:plain

YOSHIROTTENが今までの代表作を壁一面にグラフィカルに再構築。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201025j:plain

真ん中にはショーケースが置かれ今までの印刷物なども並んでいた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201123j:plain

エアブラシという新しい手法で斬新でポップなイラストが現れた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201214j:plain

山口はるみ作品集「Harumi Gals」は僕も持っています!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201325j:plain

可愛くてセクシーでアクティブな女性像は新鮮だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201415j:plain

エレガントでセクシーな女性の広告にショックを受けたものだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201545j:plain

渋谷PARCOが時代を牽引していた時代の代表的なイメージだった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201637j:plain

下着の女性が堂々と素敵なイラストになったのは初めてだったのではないか。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180709201733j:plain

絵の才能はもちろんだがエアブラシのテクニックにおいても凄い!

 

 

Sorayama Explosion

独特の世界

7月7日から811日まで渋谷にあるギャラリーNANZUKAにて空山基の展覧会「Sorayama Explosion」が開催されている。空山基といえばご存知の方も多いかもしれないがセクシーなロボットの絵を描くイラストレーターで初代ソニーアイボのデザインなんかも手がけたアーティストだ。セクシーロボットという独特の世界を作り出し確固たる地位を築き上げた唯一無二の作家である。女性の体型そのままのロボットはセクシーさやフェティッシュ、SMチックな世界観まで表現する作品のファンは多い。日本のみならず、海外での評価も抜群でコレクターは世界中にいると思う。今回はロボットが波乗りする18万円くらいするフィギュアを限定販売するのだがあまりの問い合わせにギャラリー側が近隣の迷惑を恐れて行列などを避けるために抽選という方法に切り替えたほどである。それにしても空山基は何十年このセクシーロボットを描き続けてるんだろうか、きっと極める先はまだ見えないのだろう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180708172814j:plain

女性の体の曲線美をそのままにロボットにしてしまう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180708172849j:plain

これが18万円ほどする限定のサーフィンロボットオブジェだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180708172926j:plain

そのセクシーなロボットの人気は日本のみならず世界的だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180708173027j:plain

しなやかで輝くようなセクシーロボットのフィビュアたち。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180708173108j:plain

セクシーロボットのイラストの美しさや発想も卓越している。

G-SHOCK by Color

コラボレーション流行り

リモワとオフホワイトのコラボレーションのパーティーがあった翌日にはG-SHOCKkolorによるコラボレーション「G-SHOCK by kolor」の発売に先駆けてお披露目をかねたレセプションパーティーが開催された。南青山にあるkolorのショップ内に設けられた特設スペースで金色のコラボG-SHOCKが展示されていたけどなかなかオシャレでいい感じだった。抽選でG-SHOCKがもらえるチケットを入り口でもらったので試したがもちろん外れ、残念。kolorの店内でとびきりオシャレな青山のファッションショップ的な雰囲気を楽しんだものの手ぶらで帰りました。それにしても世の中相変わらずコラボレーション流行りだなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180707155137j:plain

金色に輝くコラボレーションウォッチ「G-SHOCK by kolor」。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180707155230j:plain

ファッション関係者的なお洒落な人たちが続々と来場していました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180707155325j:plain

コラボレーション「G-SHOCK by kolor」の特設展示スペース。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180707155355j:plain

こんな感じで展示されていた。この箱に入ってくるのか?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180707155434j:plain

kolorの店内のファッションチェック!どれもお洒落ですね。

RIMOWA x Off-White

透明なリモワ

昨日は人気のスーツケースメーカーRIMOWAがOff-White c/o VIRGIL ABLOHとのコラボレーションモデルを発表したパーティーへ。原宿にあるリモワのお店はすっかりパーティー仕様になりコラボレーションモデルの透明なリモワが店内に飾られていた。ヴィトンのメンズデザイナーであり村上隆とのコラボでも話題のバージル・アブローが手がけただけに会場には多くのファッション好きな人が訪れていた。抽選で当選した人のみがリモワストアで買うことができるとあって会場の奥にあるカウンタースペースで申し込んでいる人もいたけど、透明なスーツケースってちょっと恥ずかしいというか、目立ちすぎなんじゃないかと思った次第。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180706173747j:plain

さすがバージル・アブロー人気か?たくさんの人が来ていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180706173822j:plain

可愛いオートバイもあったけどオシャレすぎじゃありませんか?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180706173900j:plain

これがコラボレーションモデルの透明なリモワ。斬新!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180706173947j:plain

格好いいけど、こんなに透明だと入れるものを考えてしまう?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180706174028j:plain

ファッション好きな沢山の人で盛り上がっていたパーティー会場。

 

Rainbow Bridge

アメリカ的風景

元麻布にあるKai Kai Kiki Galleryにてアメリカ人作家ウエンディー・ホワイトの展覧会「Rainbow Bridge」が開催されている。村上隆氏によってキュレーションされたこの展覧会にはホワイトの過去のシリーズ「フォトビルド」、「ポートレイト」、「ジーンズ」からの作品に新作4点も加えられた。アメリカ的風景とでもいうべきか、ホワイトの作品はビルボードやグラフィティー、巨大な広告写真、ニュースのヘッドラインの写真などアメリカの生活に溢れる風景がポップに構成されている気がした。どこかラウシェンバーグやローゼンクェストを思い出してしまうのは僕だけだろうか。しかし、ホワイトの感受性は20世紀のポップではなく21世紀のポップな気がするのはやはり作家がこの時代を生きて制作しているからだろう。よく見ると多用されたシルクスクリーンの上に重ね塗りを施し、そこにポッロックのようなドリッピング的な絵の具の飛び散りを配するなどアメリカンポップのDNAが感じられる。キャンバスを金属やプラスチックのパーツで再構築して新たな枠ぐみとしての画面を構成したり大量のジーンズを縫い合わせてキャンバスにするなどのという作家独自の表現も面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180703154530j:plain

キャンバスを重ねて再構築した作品。グラフィティーっぽい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180703154515j:plain

大量のジーンズを縫い合わせてキャンバスにした作品。ポケットに色々入っている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180703154659j:plain

スキージャンプする人と失敗する人の対の作品。ローゼンクェストを感じる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180703154801j:plain

女性のレーサーをモチーフにした作品。キャンバスに黒い虹がかかる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180703154846j:plain

広いギャラリースペースに展示された作品。大きな作品もある。

 

絵画の展覧会

様々な手法

630日から810日まで白金にある児玉画廊にてシリーズ化されたグループ展「ignor your perspective 41」が開催されている。毎回テーマを設けて続けられてきたこのグループ展だが今回のテーマは「intention of technique」である。絵画制作の上で作家たちが編み出す様々な手法とその裏にある独自の狙いや表現の試みといった部分にフォーカスを当てたグループ展となっている。今回は太中ゆうき、岡崎未来、杉本圭助、宮崎光男の4名の作家たちがそれぞれに異なった手法で描いた絵画作品を展示している。絵画作品が好きな自分としては大変に興味深い展覧会だが絵画においてのテクニックというのは作家たちが作り出した独自の制作手段であるが、そこには手法や技法やそれに使う素材などへのこだわりが詰まっている。そういったテクニックが特異な表現を可能にすることもあるのでテクニックという側面から作品を見てみるのも面白いと思う。何を描くのかということと同じくらいにどうやって描くのかとは重要なテーマであり今回のグループ展はそこにフォーカスすることで作家たちの表現の源泉に迫るというユニークな試みの展覧会だと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180701140909j:plain

宮崎光男の小さな作品。小さいがパワーは十分の魅力的な作品だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180701141327j:plain

こちらは同じ宮崎光男の大きな作品。150号くらいあるか。迫力!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180701141420j:plain

よく見ると繊維を使って線を表現している岡崎未来の作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180701141515j:plain

独特な存在感がある太中ゆうきの作品。絵の具の深みがいい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180701141630j:plain

杉本圭助の作品。絵の具の下に糸を入れてあとで引き抜くことで線が生まれる。

 

PORTRAIT

新田桂一写真展

銀座にあるギャラリースペース「Basement GINZA」にて629日から712日まで友人でもあるフォトグラファー新田桂一の写真展「PORTRAIT」が開催されている。桂一の周りの様々なクリエイターやデザイナー、ファッション関係者などのポートレートを白黒写真でストレートに撮影した写真展はいつもファッションで弾けた写真を撮る桂一にとってフォトグラファーとしての新たな側面を見せるような斬新な展覧会となっている。ニューヨークでのテリー・リチャードソンのアシスタントを経て帰国したあとはファションを始め様々な写真を撮り続けて来たコマーシャルフォトグラファーの桂一だが、今回はちょっとシリアスな感じである。レセプション会場に駆けつけたバーカスバのレイコは黒縁の額に収まった自分の白黒写真を遺影にぴったりと言っていてなるほどそう言われるとそうかと思えて面白かった。とにかく凄い面々がモデルとなっていますので銀座に行った際には是非の覗いてみてください。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630172722j:plain

スタイリストの馬場ちゃんやヒステリックのノブさんなど凄い顔ぶれ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630172905j:plain

レセプションにはモデルになった人や沢山の友人が駆けつけた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630172953j:plain

ファッション雑誌Numero編集長のアコちゃん。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173048j:plain

業界御用達のバー「カスバ」のオーナーのレイコ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173131j:plain

大御所スタイリストの野口強もモデルで登場。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173209j:plain

スタイリスト、ショップオーナーと多才な熊谷君。渋い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173256j:plain

パリコレで大活躍のヘアスタイリストの加茂さん。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173330j:plain

メイクアップアーティストでADDICTIONディレクターのAYAKOさん。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173414j:plain

インテリアデザイナーの片山さんも渋い感じで撮られてました。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173441j:plain

笑顔のファトグラファー米ちゃん。いい感じの瞬間です。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173527j:plain

ファッションイラストレーターの田辺ヒロシ君はサングラス姿。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173609j:plain

アート集団ChimPomのエリ。いい写真ですね。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180630173649j:plain

みんなと記念写真する桂一。嬉しそうです。ワイワイしてました。