マイアミアートバーゼルリポートVol.9

Untitled

アートバーゼルマイアミの期間中に開催されるサテライトフェアでも比較的に新しく洗練された感じがするのがUntitled Miami Beachだ。このフェアの会場は文字通りマイアミのサウスビーチの砂浜の上に建てられた巨大な白いテントにて開催される。窓の外はすぐに白い砂浜のビーチと青い海が広がる光景はアートとはミスマッチな感じでマイアミらしいフェアである。ここでは主に世界中から中堅どころのギャラリーがそれぞれに抱える作家の作品を展示販売する。将来的にいい感じかもしれないアーティストの発掘やギャラリーとの繋がりを持つにはかなり有効的なフェアだと思う。会場のデザインもシンプルで洗練されていてビーチに面して設けられたカフェも超お洒落なので楽しい訪れるのがフェアだと言える。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214141948j:plain

サウスビーチの砂浜の手前は緑の芝生とヤシの木が美しい公園だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142040j:plain

砂浜に設けられたウォークウェイを歩いて会場の入り口へ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142119j:plain

学校での銃乱射を題材にした作品はスクールバスを銃の形に切り取る。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142203j:plain

中堅どころのギャラリーが野心的な作家の作品を展示する。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142302j:plain

写真集の出版会社もブースを出して販売していたりする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142345j:plain

巨大なテントはかなり立派で延々と奥まで続く。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142452j:plain

まるで溶けて落ちたような不思議な絨毯はユニークな作品だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142540j:plain

それぞれのギャラリーが思い思いの展示で趣向を凝らす。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142610j:plain

こちらの会場ももちろんわんちゃんOK。アート楽しんでる?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142651j:plain

海の見えるビーチサイドには開放的なカフェがあり休憩も楽しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142737j:plain

延々と続くマイアミビーチの白い砂浜。ここは南国だったのだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142813j:plain

カフェのしつらえも植物や花を多用していてお洒落だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142908j:plain

カフェの食べ物も雰囲気もかなりのハイレベルで素敵だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214142943j:plain

手の込んだセットを持ち込むギャラリーなどもあって面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214143015j:plain

なんちゃってジェフ・クーンズみたいな作品もあってちょっと笑える。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181214143059j:plain

シャンパンを販売する移動式のベンダーもお洒落だった。

マイアミアートバーゼルリポートVol.8

これ誰が買うの?

マイアミアートバーゼルでは「こんな高額なアート誰が買うの?」っていうパターンが圧倒的だがART MIAMIやCONTEXT art miamiでは「こんな不思議なアート誰が買うの?」と思わず唸るような奇妙なアート作品が沢山見られる。これはこれで面白くてアートは好きな人がいれば成立する、そして世の中にはなんとも不思議なアートや奇妙なアートがいっぱいあると改めて認識させてくれるのだ。それにしてもこんな不思議なアート、一体誰が買うのだろうか?といつも思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192017j:plain

立体盆栽的な作品?巨大な盆栽に捕まった車?不思議だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192111j:plain

群衆が柱を後ろ手で持ち上げて支えているという彫刻作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192157j:plain

二つの顔を持つ胸像。とにかく馬鹿でかい!重いんだろうなあ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192256j:plain

防寒シートに身を包んだ人。ホームレス?事故の犠牲者?謎。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192406j:plain

立体的に画面から飛び出す彫像。乳首には金の蝶がとまっている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192521j:plain

巨大な女性の木彫彫刻と巨大な時計のレプリカ?なにが言いたい?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192722j:plain

写実的な作品だがモチーフがシャケやダースベーダーや豚の頭?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192821j:plain

ウォーホルのエルビスシリーズならぬオバマ前大統領シリーズ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212192926j:plain

結構大きなオブジェは食べられてしまったビッグアップルNY!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212193007j:plain

巨大なチンパンジーの精密な絵。チンパンジー好きに向けた作品?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212193053j:plain

これもなかなかのサイズのオブジェ。中国の縁起のいい神様?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212193140j:plain

無数の熊で形成された大きなクマのオブジェ?彫刻?謎だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212193226j:plain

ソファに隠しておいた現ナマの束がバレてしまったオブジェ??

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212193325j:plain

なに族かとか?人種とか不明だがとにかく大きな顔のオブジェ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212193449j:plain

マックを思い切り悪く描いた作品。恨みでもあるのか?ヤバい!

 

マイアミアートバーゼルリポートVol.7

ART MIAMI

アートバーゼルがマイアミで開催中の期間はマイアミの色々な場所でもサテライト的なフェアが開催される。ART MIAMI、NADA、UNTITLED、PULSE、SCOPEなどなど沢山あって、その他にも美術館や財団のギャラリー、期間限定の特別企画展みたいなのもあるので全部回るのは大変だ。そんな中、バーゼルの次に大きなアートフェアであるART MIAMIは昨年から場所を海辺に変更してフェアの完成度も規模も上げてきているように見える。ギャラリーが抱える作家の作品や直接作家と取引した作品を初めて展示販売するプライマリーマーケットのギャラリーが多いバーゼルに対してART MIAMIに出店するのは市場にすでに出回っているセコンダリーマーケットのアート作品が多い。このセコンダリーマーケットこそがアートマーケットを活性化させ、柔軟な売買の市場を作り上げている鍵となるのでそういう意味でART MIAMIの存在感は大きいと言える。また、ART MIAMIに隣接する形で開催されるのがCONTEXT art miamiというアートフェアだがここもART MIAMI同様にセコンダリーマーケットの作品を多く扱う。もちろん、作家を抱えたギャラリーも出店して展示販売しているがバーゼルと違ってまだこれからという成長途中の作家の作品が多い気がする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212104808j:plain

去年からだったか、マイアミベイに場所を移して開催している。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212104920j:plain

ブースにて接客のため待機するギャラリーのスタッフ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105001j:plain

銃弾で作られた巨大なクマのオブジェ。変わった作品も多い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105057j:plain

こちらは巨大なチョコレートのオブジェ。リアルだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105143j:plain

沢山のファッション雑誌が立体的にコラージュされた作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105229j:plain

人気作家のジョナス・ウッドなんかも売っていたりする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105302j:plain

こちらは巨匠ラウェンバーグの作品。素晴らしい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105340j:plain

プリント作品も多く、このホックニーもエディション作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105423j:plain

いきなり大きなバスキアの作品が現れてびっくり。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105459j:plain

これはバーバラ・クルーガーの作品。見たことある方もいるかも?

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105545j:plain

巨大な腕時計の椅子みたいな馬鹿げたアートもあって面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105620j:plain

ダミアン・ハーストの作品が美しいロンドンのギャラリーブース。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105706j:plain

なんと!仕事したことあるブラッドリーの巨大な作品があった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105743j:plain

ジョージ・コンドは本当に人気でいたるところで扱っている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105828j:plain

KAWSスヌーピーの作品。とっても可愛い!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212105916j:plain

コンテックスマイアミビーチの入り口。アートマイアミの隣にある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212134728j:plain

布で様々なオブジェを作り上げるイギリスの作家のブース。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212134819j:plain

布で作られたマスタードの入れ物。カラフルで楽しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181212134903j:plain

目をみはるほど精密に模写された花の絵。凄いテクニックだ。

 

 

マイアミアートバーゼルリポートVol.6

Perez Art Museum Miami

ペレッツアートミュージアムについては以前にも触れたがマイアミにある現代美術館として不動の人気を得ている。現代アートのコレクションの他にもラテン系の作家や地元マイアミの作家の作品などマイアミらしい独自の視点で企画展を見せてくれる貴重なミユージアムだ。屋外には緑を多用して建物にも木材などを多く使用して作られたミュージアムは素晴らしいデザインでマイアミ湾に隣接しているから景色も非常に良いので観光地としても人気のスポットである。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181211203137j:plain

ミュージアムの正面玄関の扉からして木製でなかなかユニークだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181211203221j:plain

今回のバーゼル開会中はランドスケープアートのクリスト展を開催。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181211203330j:plain

クリストがマイアミ湾で行った巨大なインストレーションの模型。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181211203413j:plain

コレクションにはラウシェンバーグなどの巨匠の作品もある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181211203451j:plain

美術館内は広々としていて照明の感じもとてもいい設計だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181211203531j:plain

大好きな作家、ディビッド・サーレの巨大な絵画作品もあった。

 

マイアミアートバーゼルリポートVol.5

優れたコレクション

ラクルーズコレクションはハバナ出身のローザとカルロス・デラクルーズのコレクションを展示する開放感が素晴らしいギャラリーだ。2009年にオープンしたこのギャラリーはギャラリーというには広すぎるがミュージアムとするにはコレクションの内容がギャラリーコレクションに近いのであえてギャラリーと呼びたい。現代美術の最先端の作品を常に収集してきたこの夫婦のアートを見る目は抜群で優れたコレクションになっている。開放感ある場所と裏庭が本当に素敵なので是非訪れて欲しいギャラリーである。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210224329j:plain

作品はかなり大きいのだがこのスペースではそれを感じない。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210224503j:plain

広々としたギャラリースオエースにアート作品が散りばめられている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210224658j:plain

抽象的な絵画作品。荒々しさの中に洗練も感じられる作品だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210224836j:plain

アニメチックな感じが面白いのはLucy McKenzieの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210224949j:plain

Mark Bradfordのコラージュを駆使した抽象作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225037j:plain

人気急上昇中の作家Glenn Ligonの作品はインパクトがある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225210j:plain

絵画やオブジェなど様々な作品があるが全て力強い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225315j:plain

2階から1階のスペースを見下ろした風景。スペースの大きさがわかる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225402j:plain

布のようなシワのある表面のテクスチャーを作品化した絵画作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225507j:plain

人気作家Wade Guytonの絵画作品は新しい手法を使っている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225615j:plain

Rudolf Stingelの作品はパターンを銀色で仕上げている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225724j:plain

巨大な花の垂れ幕のようなJim Hodgesの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225803j:plain

キャンディーは持ち帰り自由。ゴンザレストーレスの有名な作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210225852j:plain

鮮烈な色とグラフィカルで力強いストロークが印象的な抽象作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210230020j:plain

Josh Smithの作品もあった。彼は有望な若手作家の一人。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210230114j:plain

オフィスにもアートがあるため一般に公開している。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181210230147j:plain

オフィスに続く階段にさりげなく飾られたAlex Katzの作品。

 

マイアミアートバーゼルリポートVol.4

Rubell Family Collection

マイアミアートバーゼル期間中はサテライトのフェアや美術館などアートバーゼル以外にも様々な見るべきものがある。僕が必ず訪れるルベールファミリーコレクションもその一つでここはルベールさんファミリーの現代アートコレクションを展示したミュージアムだ。彼らは常に斬新な若手作家を精力的にコレクションすることで知られる。まだ無名に近い若い作家の作品を積極的にコレクションに加えることで若手作家の価値を上げてサポートにもなるという尊敬すべき意志のあるコレクションなのだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209221652j:plain

南国といった雰囲気の緑の多いルベールコレクションの入り口。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209221759j:plain

中には驚くほどの天井の高さと面積のギャラリースペースがある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209221847j:plain

1階ではPURVIS YOUNGの展覧会が開催されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222026j:plain

若くしてた他界した黒人アーティストの展示に見入る人たち。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222103j:plain

2階のスペースでは最近購入した若手作家の展覧会が開催されていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222146j:plain

斬新な色彩と構図で描かれた若手作家の作品を積極的にコレクション。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222311j:plain

いち早く有望な若手の作品をコレクションすることで有名だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222347j:plain

若手作家ながらなかなかいい感じの抽象画だと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222430j:plain

布やタオルの切れ端を貼り付けて着色している絵画作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222508j:plain

若い作家をコレクションすることで有望な才能をサポートする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222551j:plain

スペースのデザインもシンプルかつクールで素晴らしい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181209222629j:plain

新しい独自のテクニックで抽象画に挑む若手の作品は力強い。

 

 

マイアミアートバーゼルリポートVol.3

アートの博覧会

今回、アートバーゼルマイアミを満喫しつつ改めて思ったのがアートの価格が普通の人には到底買えない金額になってしまったことと世界中から集まったギャラリーによって繰り広げられるアートといわれるものならなんでもあるという会場の素晴らしさだった。近年は現代アートの価格はバブル的に高騰して今では数百万円なんてレベルではなく少なくとも数千万円とかからしか買えるアートがないくらいに値段が上がってしまった。でも、もちろん別にコレクターとして買う目的ではなくただのアート好きにとってはアートバーゼルマイアミは様々なアートが一挙に見ることのできる世界一のアートの博覧会なのだ。来年もその先もマイアミアートバーゼルには来たいと思うし来れるように頑張ろうとも改めて思った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208200204j:plain

アートといえばもちろんこの作家!パブロ・ピカソ!沢山あります。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208200350j:plain

そしてみんな大好きなのがホアン・ミロの作品。僕も大好きです。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208200437j:plain

個人的に大好きなイギリスの作家ゲイリー・ヒュームの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208200717j:plain

会場はアートと言われるものならなんでもあるアートの博覧会。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208200806j:plain

こんなの俺でも描ける的な代表選手のサイ・トゥオンブリーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208200915j:plain

いつもメッセージが面白いバーバラ・クルーガーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208201009j:plain

現代アート界の異端児?破壊者的なポール・マッカーシーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208201248j:plain

本当に沢山のギャラリーで目にする人気作家のジョージ・コンド。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20181208201341j:plain

バブリーな現代アートを語る時欠かせない作家ジェフ・クーンズ。