香港アートツアーVol.3

抽象絵画の巨匠

Pearl Lam galleriesでは抽象絵画の巨匠Robert MotherwellOpen Paintingsとそれに関連するコラージュ作品を展示していた。1950年代におけるアメリカの抽象絵画の表現の礎を築いたロバート・マザーウェルフィリップ・ガストン、ウィリアム・デクーニング、ジャクソン・ポッロク、マーク.ロスコなどの近代絵画の巨匠たちと同じ時代に活躍したがエディトリアルや文章などその活動は絵画制作だけにとどまらない影響力を持った。同じく女流画家として成功していたヘレン・フランケンセラーと結婚していたこともあった。1969年代の終わり頃、マーティン・ルーサー・キングロバート・ケネディーが暗殺され政治や社会に不安が増す中、ヘレン・フランケンセラーと別離したロバート・マザーウェルOpen Paintingsのシリーズに着手したという。ギャラリー内には歴史を垣間見れる写真付きの年表もあって非常に興味深かった。H Queen’sとPedder Buildingの2箇所のギャラリー会場での同時開催展はアメリカにおける抽象絵画の歴史を振り返る素晴らしい展示だった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155114j:plain

抽象絵画の礎を築いたマザーウェルの作品。禅の境地のようだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155215j:plain

Pedder Buildingのギャラリー内の展示風景。静寂の中に佇む絵画。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155306j:plain

コラージュ的な作品も多いマザーウェルだが斬新な作品である。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155343j:plain

これも郵便物をコラージュに使った作品。鮮やかな色合いが魅力だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155431j:plain

アメリカの50年代から始まる抽象主義の代表的な作家といえる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155518j:plain

これも紙袋をコラージュに使った作品。線との組み合わせが面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190202155600j:plain

マザーウェルは意外にも知名度や評価が高くない作家でもある。

香港アートツアーVol.2

写真表現という聖域

現在世界一のギャラリーといえば規模や扱う作家の数と質のどれを取っても間違いなくGAGOSIANギャラリーだろうと思われる。そのGAGOSIANギャラリーでは写真の可能性を広げ続ける作家、ROE ETHRIDGEの写真展「Sanctuary」が開催されていた。コマーシャルな写真から写真作品、デジタル画像、ソーシャルメディアの画像など現代に生きる我々は様々なイメージに取り囲まれている。その全てを自由に行き交い写真表現という聖域を様々なメディアに読み取って作品化するというこの作家の写真表現は現代におけるアートとしての写真とは何かという新たな提案を突きつけるようだ。特に近年非常に人気の出てきた作家の新作も非常に斬新で面白かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190201163622j:plain

ファックユーを突きつける女性の後ろ姿。かっこいい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190201163720j:plain

にっこり微笑む70年代風な感じの黒人のポートレート

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190201163819j:plain

まるでアニメに出てきそうなユーモラスな猫ちゃん!可愛い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190201163858j:plain

コマーシャルな写真の雰囲気が醸し出された写真作品はポップ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190201163706j:plain

香港のGAGOSIANギャラリーのスペースは窓の明かりが優しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190201164037j:plain

奥にあるオフィシシペースもとても格好良くていい感じだ。

香港アートツアーVOL.1

巨匠アーヴィング・ペン

香港に出張があったついでにギャラリー巡りをしてきたのでいくつかのギャラリーを紹介したいと思う。香港はアートバーゼルも開催するほど現代アートのアジアへの窓口的な街になったと思う。当然だが世界的なギャラリーも次々とギャラリーをオープンして世界的にも重要なマーケットとなった。今回は短い期間の滞在だったが見れる限りのギャラリーを駆け足で見て回ったのでご紹介したい。まずは世界的ギャラリーであるPACEで開催していた巨匠アーヴィング・ペンの展覧会だが今でも色褪せることのない美しいプリントには驚かされる。ファッションはもちろん様々な民族や著名なアーティスト、タバコの吸殻まで撮ったそれらの写真の力強さと魅力にさすがアーヴィング・ペンだと改めて感銘を受けた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173404j:plain

セルフポートレート?茶目っ気のある作家だったのだろう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173446j:plain

世界の様々な民族をそのままに見事な美しさと尊厳で映し出した。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173525j:plain

ファッションフォトグラファーとしても素晴らしい功績を残した。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173606j:plain

ただの綺麗なファッション写真ではなくスタイリッシュだった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173656j:plain

鋭い目の力が印象的な晩年のパブロピカソポートレート

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173748j:plain

タバコの吸殻もペンにかかれば素晴らしい写真作品になる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173819j:plain

鉄くずのようなオブジェクトを並べただけでなぜか美しいからすごい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131173904j:plain

同時代に生きたアーティスト達の写真が多い。イサム・ノグチ

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131174016j:plain

ジョージア・オキーフも素晴らしい表情で映し出された。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190131174107j:plain

羊を抱える少年。民族衣装が特徴的だが純粋な目が美しい。

揺らぐからだ

淡い色彩

216日まで白金にある児玉画廊にて糸川ゆりえの個展「揺らぐからだ」が開催されている。淡い色彩が特徴的な絵画を描く作家は淡さの中に透明感や奥行き、輝きなど様々な要素を描きこむ。薄い絵の具を重ね塗ることで描くのは水辺の風景や輪郭のはっきりしない人物、家やボート、または夢の中の世界のような浮遊感のある世界だ。銀色やパール、ラメといった輝く素材を織り交ぜながら独自の世界観を作り出すのだが淡くても弱くはない印象的な色や自由に流れるような筆使いで描く対象などにどこか女性ならではの豊かな感受性を感じさせる。おそらくこういった個性あふれる絵は万人に好かれるというよりも一部に根強いファンができるタイプの絵なのではないかと思った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145337j:plain

独特の色使いがとても美しい。ボートだろうか?浮いているようだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145431j:plain

重ね塗られた深い緑色の中にぼんやりと女性像が見える。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145509j:plain

森の中に佇む女性。夢の中の世界のような不思議な感覚だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145549j:plain

ボートに乗る女性像。水面の水の変化する表現が面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145654j:plain

ぼんやりと家のようなものが見える風景。幻想的だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145729j:plain

裸婦像だが周りの透明に輝くような空気感が独特だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145827j:plain

炭だけでキャンバスに直接描いたような作品も動きがある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190122145909j:plain

どこか夢の世界で浮遊するような女性像。色がいい感じである。

 

 

The Metamorphosis

ユニークな2人展

外苑前にあるギャラリーEUKARYOTEにて2月3日まで菅原玄奨と高橋直宏によるユニークな2人展「The Metamorphosis」が開催されている。菅原玄奨はFRPという珍しい素材で立体作品を形成して作品を作り上げるが、主観的な形をより洗練させて独自のフォルムを作り上げる。プラモデルのような量産品を連想させるマットなグレーの色合いも魅力的だ。一方の高橋直宏は木を素材とした木彫り彫刻を制作するがチェーンソーやドリルの跡などが荒々しく残された立体作品の強烈な存在感は素晴らしく、また、それらを繋ぎ合わせたり石膏と合わせたり彩色を施すことで作品全体に動きが感じられると思う。ともに若い作家だというがそれぞれ違った技法で表現する完成度の高い作品は対比させながら見るとさらに面白いと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152027j:plain

菅原玄奨の作品はFRPというプラスチックのような素材で作られる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152112j:plain

高橋直宏の木の彫刻は荒々しく彩色の動きがあって面白い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152220j:plain

作品の表面はプラモデルのような薄いグレーで彩色されている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152334j:plain

小さな木彫もとても繊細に作られていて魅力的だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152437j:plain

人物の主観的な部分を洗練させて極力ニュートラルにする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152536j:plain

高橋直宏による作品。木材以外にも様々な素材を使うという。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190121152622j:plain

犬の細かな要素を全て排除して最小限のフォルムを探す。

NEW WAVE

70年代から80年代

アニエス・ベー青山店のB1ギャラリースペースで3月3日までフランス人のフォトジャーナリストPierre Ren-Worms(ピエール・レネーウォルムス)による写真展「NEW WAVE」が開催されている。70年代から80年代の前半に盛り上がったロックジャンルの「NEW WAVE」を撮影した40点余りの白黒写真の展示ではその後にレジェンドとなるロックスターたちがまだ駆け出しの初々しい姿で躍動している。U2やデボラ・ハリー、プリテンダーズ、セックスピストルズDEVO、トーキングヘッズ、B52’sなどなどなんとも懐かしい。展覧会期間中はアニエス・ベー青山店2階のアニエス・ベーギャラリーブティックにあるFeace Recordsとコラボレーションしたレコード店もB1に移動して「NEW WAVE」時代のレコードを売っているほか様々なグッズなども売っているので要チェックだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120164544j:plain

1977年に撮影されたデボラ・ハリーの貴重な写真もある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120164624j:plain

NEW WAVE」時代の貴重なレコードジャケットも展示していた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120164659j:plain

B52'sとかThe ClashのLONDON CALLINGなど懐かしい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120164751j:plain

Feace Recordsとコラボレーションしたレコード店も登場。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120164826j:plain

トートバッグやTシャツなんかのグッズの格好いいのでチェック!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120164919j:plain

ギャラリーレセプションには沢山の「NEW WAVE」ファンが!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120165018j:plain

DJブースでも「NEW WAVE」の曲をかけていた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190120165052j:plain

アニエス・ベー青山店2階のアニエス・ベーギャラリーブティック。

旅行程、ノン?

コンセプチュアルなテーマ

六本木のギャラリーコンムレックスにある小山登美夫ギャラリーにて2月9日まで落合多武の個展「旅行程、ノン?」が開催されている。小山登美夫ギャラリーでは7年ぶり6度目のこの個展では新作のペインティングを展示している。落合多武はドローイング、ペインティング、立体、映像、パフォーマンス、本の制作、詩や文章の執筆など様々な表現方法を持つ作家である。今回は1年の12の月をペインティングにした12点の大きな作品を制作しているが描かれるのは多様な表現手段を持つ作家らしく絵画的な観点から描かれたというよりももっとコンセプチュアルなテーマを元に描かれているように思える。世界中の都市の名前とその都市のその月の休日、祝日が文字で描かれたペインティングは色や線の面白さ、構図の面白さなど絵画として成立しているのはもちろんだが起源には民族的な問題や宗教、戦争、人種問題など様々な世界の状況を連想させるというコンセプトも持ち合わせる。コンセプチュアルな点でユニークな着眼点と表現方法だが絵画作品としてもきちんと成立させているところが素晴らしいバランスとセンスだと感じた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190118170447j:plain

色や文字の線の面白さなどコンセプトを見事な絵画作品にしている。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190118170531j:plain

青い色が鮮烈に感じられる中に文字や色調の変化が加わる。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190118170632j:plain

淡い色合いを塗った中に文字や目がある。目は移民を監視する目だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190118170720j:plain

コンセプトもさながら絵画作品としてすごくセンスがいいと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20190118170807j:plain

ギャラリー風景。絵の大きさは微妙に違うが全て大作である。