Travelers

旅くくり 3月16日まで外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYにてグループ展「Travelers」が開催されている。旅をテーマにした作品を集めた「旅くくり」の企画グループ展で中村菜都子、田中彰、菅雄嗣、ジュリアン・オピーの4名の作家がそれぞれに個性的な作品を展示…

HELLO my name is

見応えのあるグループ展 外苑前にあるギャラリーEUKARYOTEにて3月3日までグループ展「HELLO my name is」が開催されている。EUKARYOTEのオープンから1年目の節目の企画展としてEUKARYOTEが取り扱う9名の作家による新作と近作による展覧会は見応えのあるグル…

J.M.WESTON

青山店がリニューアル J.M.WESTONといえばフランス発の高級靴のメーカーとして有名でローファーやゴルフといった人気シリーズは不動のアイテムだ。そのJ.M.WESTONの青山店がこの度リニューアルオープンしてレセプションパーティーが開かれた。アーティスティ…

陽のあたる日常

日本で初の個展 3月9日まで六本木にあるOTA FINE ARTSにて香港の作家クリス・ヒュン・シンカンによる日本で初の個展が開催されている。作家の身の回りの家族やペットの犬たちなどを描くことで人は「見る」という行為によってどのように物事を理解しているの…

Tanaami x Adidas Originals

コラボレーション展 3月9日まで渋谷のギャラリーNANZUKAにて開催されている田名綱敬一の展覧会「Tanaami x Adidas Originals」にやっと行くことができた。オープニングはすごい人だったそうで田名綱敬一のアートとアディダスのファッションの融合した展覧会…

「限局性激痛」1999年

ソフィ カル 今東京の3箇所の展示スペースでフランス人アーティスト、ソフィ カル(SOPHIE CALLE)の展覧会が開催中でやっと見に行くことができた。原美術館にて「限局性激痛」1999年、ギャラリー小柳にて「ソフィ・カル なぜなら」ギャラリーペロタンにて…

つないでみる

森美術館15周年記念展 2月9日から5月26日まで六本木の森美術館にて「六本木クロッシング2019展:つないでみる」が開催されている。3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧するようにキューレーションされるこの企画展は2004年に始まり今回で6回目となる。…

Yesterday.today.tomorrow

ユーモラスで美しいオブジェ 原宿にあるギャラリーターゲットにて2月19日までアーティストhi-dutchによる個展”Yesterday.today.tomorrow”が開催されている。hi-dutch/Takahiro Hidaはサーフボードをリペアする技術を応用して樹脂を使いユーモラスで美しいオ…

WHO I AM

パラリンピック選手達 友人であり素晴らしいフォトグラファーの新田桂一が5年間かけて世界中50カ国を訪れパラリンピック選手達のポートレイトを撮影するというプロジェクト「WHO I AM」の作品展が青山のNORA HAIR SALON内で開催中だ。サロンは営業している…

WHO IS ALAN CHAN?

アラン・チャンの軌跡 WHITESTONEギャラリーでは香港ベースのクリエーティブディレクター、アラン・チャンさんの回顧展的な展覧会「WHO IS ALAN CHAN?」を開催していた。アラン・チャンの軌跡とでもいうべきこの展覧会を観れたのはラッキーだった。というの…

香港アートツアーVOL.5

Roni Horn HAUSER&WIRTHも世界的に展開するギャラリーでニューヨークでも必ず見るギャラリーだがここ香港ではRoni Hornの展覧会を開催していた。1983年から2018年までに制作された紙の作品、写真作品、インスタレーション、スカルプチャーといった30作品が展…

香港アートツアーVOL.4

初めて知る作家 近年ますます大規模になってきたDavid Zwirnerギャラリーも香港にオープンしたがここでは初めて知る作家「Marcel Dzama」の「Crossing the Line」という展覧会が開催していた。カナダ出身の作家だということで香港では初めてDavid Zwirnerギ…

佐藤翠展覧会

2箇所で同時開催 香港アートツアーはまだ続くもののここで東京で開催中の展覧会の話を一つ。画家の佐藤翠さんには今から約4年前に新宿伊勢丹の店内でライブペインティングを頼んだりその後に僕が関わっている化粧品ブランドRMKの20周年を飾るアートを制作し…

香港アートツアーVol.3

抽象絵画の巨匠 Pearl Lam galleriesでは抽象絵画の巨匠Robert MotherwellのOpen Paintingsとそれに関連するコラージュ作品を展示していた。1950年代におけるアメリカの抽象絵画の表現の礎を築いたロバート・マザーウェルはフィリップ・ガストン、ウィリアム…

香港アートツアーVol.2

写真表現という聖域 現在世界一のギャラリーといえば規模や扱う作家の数と質のどれを取っても間違いなくGAGOSIANギャラリーだろうと思われる。そのGAGOSIANギャラリーでは写真の可能性を広げ続ける作家、ROE ETHRIDGEの写真展「Sanctuary」が開催されていた…

香港アートツアーVOL.1

巨匠アーヴィング・ペン 香港に出張があったついでにギャラリー巡りをしてきたのでいくつかのギャラリーを紹介したいと思う。香港はアートバーゼルも開催するほど現代アートのアジアへの窓口的な街になったと思う。当然だが世界的なギャラリーも次々とギャラ…

揺らぐからだ

淡い色彩 2月16日まで白金にある児玉画廊にて糸川ゆりえの個展「揺らぐからだ」が開催されている。淡い色彩が特徴的な絵画を描く作家は淡さの中に透明感や奥行き、輝きなど様々な要素を描きこむ。薄い絵の具を重ね塗ることで描くのは水辺の風景や輪郭のはっ…

The Metamorphosis

ユニークな2人展 外苑前にあるギャラリーEUKARYOTEにて2月3日まで菅原玄奨と高橋直宏によるユニークな2人展「The Metamorphosis」が開催されている。菅原玄奨はFRPという珍しい素材で立体作品を形成して作品を作り上げるが、主観的な形をより洗練させて独…

NEW WAVE

70年代から80年代 アニエス・ベー青山店のB1ギャラリースペースで3月3日までフランス人のフォトジャーナリストPierre Ren-Worms(ピエール・レネーウォルムス)による写真展「NEW WAVE」が開催されている。70年代から80年代の前半に盛り上がったロックジャン…

旅行程、ノン?

コンセプチュアルなテーマ 六本木のギャラリーコンムレックスにある小山登美夫ギャラリーにて2月9日まで落合多武の個展「旅行程、ノン?」が開催されている。小山登美夫ギャラリーでは7年ぶり6度目のこの個展では新作のペインティングを展示している。落合…

Park

見応えのある作品 六本木のギャラリーコンプレックスにあるタカ・イシイギャラリーにて2月16日まで村瀬恭子の個展「park」が開催されている。26年間暮らしたデュッセルドルフから2016年に帰国して現在は東京で制作活動をしているという作家が久しぶりに聞い…

Vice Versa-Les Tableaux

逆も真なり 六本木にあるギャラリーShugoArtsにて12月12日から2月2日まで小野祐治の個展「Vice Versa-Les Tableaux」が開催されている。逆も真なりと題されたこの展覧会は作家が1995年に着手し始めて以来撮影を重ねてきたタブローシリーズの最近の成果までを…

夏の日

不思議な風景 渋谷ヒカリエ8階の小山登美夫ギャラリーにて桑原正彦の個展「夏の日」が開催されている。高度成長期の日本で育った作家は歪んだ闇が暗示されているかのような絵を描いていたが90年代後半からは社会よりもより自己の内面に眼差しを向けた作品が…

Beautiful Days

楽園を感じて欲しい 代官山のヒルサイドテラスにて1月12日から27日まで大宮エリーの展覧会「Beautiful Days ~美しき日々」が開催されている。大宮エリーさんは代理店勤務を経て日常を綴ったエッセイ集を書いて人気を博した。その後は作家となりラジオやテレ…

NY滞在記その3

KATZ'S DELI NYに来ると必ず食べるのがKATZ'S DELIという老舗デリのパストラミサンドでそのボリュームと美味しさは何度食べても衝撃的だ。ライ麦パンにマスタードだけ塗ったバンズにパストラミのスライスが尋常じゃないくらい挟まっているのだ。コーンビーフ…

NY滞在記その2

ナイキストア NYに来るとアメリカンブレックファーストと同じくらいに朝食にエッグスベネディクトを食べたくなる。そんな時に行くのがソーホーにあるバルセザールでもう20年以上前からあるこの店はまるでパリから瞬間移動したみたいにヨーロッパのカフェっぽ…

NY滞在記その1

ホテル気に入りました! NY滞在記ということでNYの食べ物や買い物などその他諸々を書きたいと思うがまずは今回泊まったシチズンMという新しいホテルが結構気に入った。場所はロウアーイーストのバワリーとデランシーにあるが新築のホテルはロビーがすごく抜…

チェルシー総集編

見応えある展示 今年もチェルシーのギャラリー巡りをしてみた感じたのがニューヨークでは普通に沢山の見応えある展示を絶えず見られるということだ。ギャラリーの数も多いし展示している作品も多岐にわたり面白い作品がとても多い。日本と比較してしまうのも…

メアリー・ブーン

老舗ギャラリー ガゴジアンを筆頭にペース、デビッド・ズウィルナーなどなどチェルシーにはたくさんのスーパーギャラリーがある。そんな中、メアリー・ブーンギャラリーはジュリアン・シュナーベル、エリック・フィッシェル、フランチェスコ・クレメンテ、デ…

キース・へリング

アポカリプス キース・ヘリングといえばシンプルな線で描かれたちょっとコミカルな絵柄のキャラクターなどで有名だがバスキアと並んで80年代にニューヨークで活動したグラフティー出身の作家だ。あくまで明るい感じの線画で描かれる絵画世界では明るい画風で…