読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地底の雲

山本桂輔2年ぶりの展覧会 6月26暇で渋谷ヒカリエの小山登美夫ギャラリーにて2年ぶりとなる山本桂輔の展覧会が開催されている。前回の展覧会の際に小さな焼き物のオブジェを買わせていただいたのだがあれからもう2年なのだと思いつつ見に行ってみた。絵画…

アート満載!天王洲アイル

合同オープニング 天王洲アイルの寺田倉庫に生まれたギャラリーコンプレックスで合同オープニングが開催された。最初に3階にオープンした山本現代、URANO、Yuka Tsuruno Gallery、児玉画廊に加えて5階にもKOSAKU KANECHIKAとSCAI THE BATHHOUSEのコレクシ…

レコードアート

ユニークな企画展 知り合いのアーティストの井内宏美さんが代沢にあるQUIET NOISEというギャラリーで開催されるグループ展に参加するということで見に行ってきた。デザイナーのYASUDA PIERREさんがキュレーションした13人のアーティストたちによるこのグルー…

BIOTOP Gallery Shop

ヒロミヨシイキュレーション 白金にあるBIOTOPにて6月18日まで期間限定のポップアップショップが開催されている。知人でありギャラリストの吉井さんによるキュレーションで誕生したこのBIOTOP Gallery Shop by hiromiyoshiiでは吉井さんのコレクションしてい…

OBSCURA

浮かび上がるイメージ 原宿にあるギャラリーターゲットにロッカクアヤコさんの展覧会を見に行った。人気作家とはいえ初日でほとんどの作品が売れていたのには驚いた。ちょうど昨日ZOZOTOWNの前沢社長がまたもやバスキアを今度は123億円で競り落としたことが…

ピェール・アルディ写真展

仕切りのような展示 5月22日まで南青山にあるPIERRE HARDYの旗艦店地下にあるスペースで”WALK WITH PIERRE HARDY”という写真展が開催されている。レセプションには多くの人が訪れていてスペース内に仕切りのように配されたユニークな写真の展示に目を奪われ…

ヒロシマカラー

企画展で出会った作家 6月27日までMAHO KUBOTA GALLERYにて古武家賢太郎の個展「ヒロシマカラー」が開催されている。古武家君と最初にお会いしたのは15年ほど前のこと、当時中目黒にあったSPACE FORCEというカフェギャラリーのディレクションをしていた時に…

うつくしい日々

父への想いと共に 原美術館で5月の19日まで蜷川実花の写真展、「うつくしい日々 蜷川実花」が開催されている。 昨年他界した演出家で父の蜷川幸雄さんへの想いを綴った写真展は私的であると同時に作家としての蜷川実花がその人生における出来事を作品に込め…

隠れ家「うさぎ」

シンスケさんのお店 アーティストでマルチな才能の河原シンスケさんとはもうずいぶん昔からのお友達。 6月には僕がギャラリーデイレクターをしているアートサロン「セーヌ」で個展も開催して頂くのでそれはまたお知らせします。そのシンスケさんは長年パリ…

ラブドールを篠山紀信が激写!

信じがたいリアルさ 篠山紀信氏がラブドールを撮影した写真展「LOVE DOLL X SHINOYAMA KISHIN」が渋谷のATSUKOBAROUHにて5月14日まで開催されている。ラブドールとは昔で言えばダッチワイフなのか、とにかく精巧に作り上げられた女性の人形のことである。信…

ものがあるということ

もの派の代表的作家 6月10日まで六本木の小山登美夫ギャラリーにて菅木志雄の展覧会「分けられた指空性」が開催されている。菅木志雄は1960年代から70年代に起こった芸術運動「もの派」のメンバーで戦後の日本美術を代表するアーティストの1人だ。草間彌生…

柳本さんが残してくれたもの

アーキヴィストの真髄 4月29日から6月4日まで八雲にあるsix factoryにて柳本浩市展”アーキヴィストー柳本浩市さんが残してくれたもの”が開催されている。柳本さんは様々なモノを集めた方でその数と種類は膨大で唖然とするほどだったがアーキヴィストの真髄を…

HELLO GINZA!

アランさんの東京 銀座にあるポーラミュージアムアネックスにて6月4日まで香港を拠点に世界的に活躍するグラフィックデザイナーのアラン・チャンさんの展覧会が開催されている。「HELLO GINZA!」というタイトルのこの展覧会は日本でも活躍するアランさんに…

与えられた姿

多角的な一画面 5月27日まで白金の児玉画廊で開催されている和田真由子個展「建物」を見て来た。 作者はものを見て作品を制作するのではなく頭に描いたイメージを作品化する。今回でいえば建物のような建造物を作品化するのだが実際にものを見て作品化する…

GINZA SIX誕生

吹き抜けが凄い 椎名林檎とトータス松本のお金をかけた映画のようなPVが話題のGINZA SIXの内覧会へ行ってみた。新しい商業施設が次々にオープンする銀座だが今回のGINZA SIXは銀座の人の流れを変えるに違いないというほど強烈だと思う。建物自体も巨大だしエ…

テーマは中世の北欧

飾らない素敵な方 人気のイギリス人ファッションデザイナー、アニヤ・ハインドマーチの2017年AWコレクションの展示会に行って来ました。アニヤ・ハインドマーチの日本代表が古くからの友人で何かとご案内を頂きアニヤさんとも以前に会ったこともあるけど少し…

片山正通的百科全書

多岐に渡るコレクション 4月8日から6月25日まで新宿にあるオペラシティーにて片山正通的百科全書展が開催されている。片山正通さんといえば多忙をきわめる人気の建築家である。その片山さんの個人的なコレクションを展覧会にしてしまったのがこの片山正通…

柔らかい仕組み

具象的ヒントが隠れる抽象画 江戸川橋にあるMaki Fine Artsにて4月30日まで渡辺豊の展覧会「soft construction」が開かれている。まだ30代の若い作家であるがとても独創的で面白い抽象画を描くので興味深い。パッと見ると様々な色と線が織りなす抽象世界なの…

超絶な描写技法

日本の山水を描く 恵比寿のアート系書店ナディッフの3階にあるMEMギャラリーにて4月30日まで開催中の本田健展「ゆきつき」を見た。20代にヨーロッパ各地を回った作家は岩手県の遠野に定住して日本の山水を描くことを決意したという。彼は時に里山を10時間も…

物質と概念の狭間で

初めて見る作家 恵比寿にあるMA2ギャラリーにて大西伸明の展覧会「Through the looking-glass, and what she found there」を見た。初めて見る作家だったが卓越したテクニックとしっかりしたコンセプトを持って制作活動を続けている作家さんだと知った。今回…

反射する絵画

注目の画家 4月23日まで六本木ヒルズにあるADギャラリーにて佐藤翠さんの個展「Reflections」が開催されているので見に行って来た。佐藤さんは数年前に伊勢丹で展示とライブペインティングを頼んでから注目している画家である。ついこの前までは僕がディレ…

目を欺くアート

精巧な捏造作品 4月28日まで外苑前にあるMAHO KUBOTA GALLERYにて多田圭佑の個展「FORGE」が開催されている。若手作家である多田圭佑にとって初めての本格個展だそうだが作品はかなりの完成度と面白さで驚かされる。作品は古い板の上に大胆に絵の具の大きな…

絵にパンチ炸裂!

パンチから産まれる絵画 4月22日まで天王洲にある山本現代ギャラリーにて篠原有司男の個展「我輩の絵にパンチが炸裂!」が開催されている。作品展ではあるがどちらかというと「ギューちゃん」こと篠原有司男氏の体をはった制作アクションの軌跡を展示してい…

クールで熱いアート

既存品からインスピレーション 3月18日より4月15日まで白金の児玉画廊で大谷透「planet」展が開催されている。以前から彼の作品は児玉画廊のグループ展で見て来て面白いなと思っていたが、今回は東京で初めての個展となっている。彼の作品はサンドペーパー…

椿のフィールド

金近さんのギャラリーで 小山登美夫ギャラリーで長年務めてた金近さんが独立して遂にギャラリーをオープンした。 今回、天王洲のギャラリーコンプレックスビル5階にオープンしたKOSAKU KANECHIKAギャラリーとSCAI THE BATHHOUSE。これによって3階に既にある…

荒く有機的な陶芸

日本初の個展 4月3日まで渋谷ヒカリエの小山登美夫ギャラリーにてフェルナンド・カサンペーレ展「痕跡ー記憶」が開催されている。ロンドンに拠点を置き制作活動を続けるチリ出身のアーティストの日本初の個展だそうである。陶芸の可能性を追求するような有機…

Holy Cow !!

驚きの作家 4月15日まで六本木のTaka Ishiiギャラリーにて五木田智央の展覧会「Holy Cow」が開催されている。5年振り3度目の個展では新作ペインティング15点が1階と3階にて展示されている。展覧会のタイトル「Holy Cow」は英語でビックリした時の言葉であ…

The outside of distance

パウロ・モンテイロ初の個展 六本木のTOMIO KOYAMAギャラリーでパウロ・モンテイロの個展「The outside of distance」が4月22日まで開催されている。MISAKO&ROSENギャラリーとの共催となるこの展覧会はブラジル出身のアーティスト、パウロ・モンテイロの日…

アートフェア東京2017

国内最大級のアートフェア アートフェア東京2017を見に行って来た。良く書こうか悪く書こうか迷うフェアだ。悪く書くとすれば国内最大級と銘打って毎年開催されるこのフェア自体が閉鎖的に進んで来てしまった日本のアート界の一端を見せつけるフェアであると…

アートを旅するエキシビション

「セーヌ」の企画展 南青山に去年オープンしたアートサロン「セーヌ」にて3月16日から4月10日まで新たな試みの展覧会が開催されている。僕がギャラリーディレクターを務めるこのサロン的なアートギャラリー「セーヌ」はアートと共にゆったりと時間を過ごせ…

LAアート速報!番外編

今回LAで驚いたのは街の開発が驚異的なスピードで進んでいること。ステープルセンターの回りやダウンタウンも建設ラッシュっていう感じだった。ダウンタウンのアーツディストリクトのことは前回にも書いたけどあの界隈の開発の進み方は特に凄い。リトルトウ…

LAアート速報!アーツ・ディストリクトが熱い!

LAダウンタウン、リトルトウキョウのそのまた先の倉庫街にいつしかアーティスト達が住みつき古い倉庫や工場を改装して暮らし始めた。近年、それがお洒落と話題になりどんどん開発が進んでいるのがここアーツ・ディストリクトだ。ギャラリーはもちろん、アー…

LAアート速報4!

LAのちょうど真ん中辺りに位置するロサンゼルス群立美術館、通称「LACMA」はアメリカ西部最大級の美術施設で広大な敷地には幾つものミュージアムやパビリオンが存在する。日本のパビリオンもあるしコロンブス以前のアメリカ美術やアジア、イスラムの美術も世…

LAアート速報3!

ハリウッドの西にあるウェストウッドは有名な大学UCLAの街だ。 そこに出来たアートの総合施設HAMMERはミュージアムという場としての機能以外にアートを通してより良いコミュニティーの繋がりや社会との向き合い方を模索するなど様々な取り組みをしている。毎…

LAアート速報2!

連日晴天に恵まれ気持ちのいい気温と眩しい太陽の日差しはやはりカリフォルニア。そんな中、ロサンゼルス現代美術館、通称「MOCA」に行ってみた。企画展が次回の準備でクローズしていたのは残念だったが美術館のコレクションは通常通りに見ることが出来た。…

LAアート速報!

ニューヨークをあとにし、LAにやって来ました。久々のLAですが今回の目的の一つがミュージアム巡り。新しくダウンタウンにオープンしたザ・ブロードやLACMAと呼ばれるロサンゼルス郡立美術館、MOCAと呼ばれるロサンゼルス現代美術館、そしてウェストウッドに…

NYアートフェア速報4!

それにしても寒過ぎるニューヨーク、最後に行ったのは68丁目とパークアベニューにあるアーモリー(兵器庫)で開催されているTHE ART SHOW。こちらもギャラリーやアートディーラー達がブースで作品を見せているがアップタウンということもあって床が一面カー…

NYアートフェア速報3!

連日マイナスの極寒の中、昨日はダウンタウンで開催している「independent」というフェアに行ってみた。このフェアはより斬新なアートを紹介するフェアらしくなかなかユニークな作品が多かった。見に来ているのもダウンタウンのヒップな感じの人が目立ってい…

ニューヨークアートフェア速報2!

ニューヨークに到着した日は暖かさすら感じたものの翌日から気温はどんどん下がってマイナス1度くらいになりさすがに寒いです。そんな中、いよいよ今回最も期待するアートフェアのThe Armory Showへ行きました。マンハッタンの西、ハドソン川の上の桟橋の上…

NYアートフェア速報!

青森に間違えられるショー 今ニューヨークに来ています。目的はアーモリーショー(The Armory Show)というアートフェアを見るため。日本でアーモリーに行くというと青森?なんで?と言われた聞き間違えやすいややこしい名前のアートフェアですが、なぜ(armo…

光り輝くガラス

30歳を過ぎてから作家に 4月1日まで六本木のcomplex665にあるShugoArtsにて川嶋りつ惠さんの個展「星々」が開催中だ。粘性の高いベネチアガラスによって様々な作品を生み出す作家は最初からガラス作家を志していたのではないそうだ。たまたま移住したベニス…

ギャラリーコレクション展2

様々な作風の力作 渋谷のヒカリエにある小山登美夫ギャラリーでコレクション展が開催されているが六本木のギャラリーでも開催中でこちらもやっと見に行けた。目利きとして尊敬する小山さんだけに六本木のグループ展も力作揃いである。ヴァルダ・カイヴァーノ…

ガラスの生命体

透き通る生き物 銀座のポーラミュージアムにて2月26日まで開催されている青木美歌の展覧会「あなたに続く森」を見た。ずっと行きたいなと思っていたので遂に行けて良かった。そして予想以上の素晴らしい展覧会だった。繊細で透明なガラスを自在に操り見事な…

恵比寿活性化祭り

恵比寿映像際 2月10日から26日まで第9回恵比寿映像際が開催中だ。マルチプルな未来というサブタイトルで開催されているが今年から東京都写真美術館だけでなく日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイスセンター広場、地域連携各所で様々な企画…

森山大道写真展「Odasaku」

写真と小説を交錯 中目黒のPOETIC SCAPEギャラリーにて森山大道写真展が3月5日まで開催中だ。 「Daido Moriyama: Odasaku」と題された展覧会では無頼派の作家、織田作之助の短編小説「競馬」と大阪で撮影された森山大道の写真が交錯する。写真と小説を交錯さ…

ギャラリーのコレクション展

まるでアートの詰め合わせ? 1996年にオープンした小山登美夫ギャラリーに初めて行ったのはもう20年近く前になると思う。村上隆、奈良美智といった世界に羽ばたいた作家もこのギャラリーでスタートしたのだが今でも沢山の将来有望な作家を育てている優れたギ…

自覚する夢

面白いテーマ 白金の児玉画廊にて3月11日までグループ展、ignore your perspective36「明晰夢」が開催されている。夢の最中にそれが夢だと自覚して思うままに行動することを「明晰夢」というのだそうだ。そういえばごく希にそういう時もあるなと思いつつそれ…

ホテルで見るアートフェア

第2回目のフェア 2月11日12日の2日間、東京汐留のパークホテルで現代アートのフェア「PARK HOTEL TOKYO 2017」が開催されている。今年が2回目のこのフェア、アート大阪との連携で関西のギャラリーが多く東京のギャラリー数の約2倍が関西から出展している他、…

問いかける表現

様々な表現の作品 3月4日まで外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYにて開催中の「history in art」展を見て来た。このグループ展はpop up show at MKGというサブタイトルのようにいつもとは違う趣向の展覧会だ。キュレーターによってキューレーションされた8人の作…

美しい光の体験

ダン・フレヴィンとは誰? 2月1日から9月の3日まで表参道のルイヴィトン上層階にあるESPACE LOUIS VUITTON TOKYOにてアメリカ人アーティスト、ダン・フレヴィンのインスタレーションが展示されている。ダン・フレヴィンとはドナルド・ジャッドなどと並びア…