さて、アートフェアへ!

SCOPE MIAMI さてアートフェアへ!まず最初はマイアミビーチの砂浜の上に巨大な白いテントを建てて開催されるアートフェア「SCOPE MIAMI」へ向かった。このフェアはどちらかというと売る気満々の小さいギャラリーがたくさん集まっていて奇抜なアート作品が多…

マイアミアートフェア

まずはホテルへ LAの2泊からマイアミへやって来ました、早速アートフェアへ行きたいところだが既に午後だったのでまずはホテルへ。今回のホテルはマイアミビーチにある古いアール・デコの建物の内装をリノベートしたタイプのホテルでこじんまりとしている。…

進化するLA

ジェレミーホテル それにしてもLAは進化が止まらない、というかNYもそうだけどアメリカは景気いいのか開発がどんどん進んでいて毎回新しい何かがあるのだ。今回はサンセットブルバードにできたばかりのジェレミーホテルに宿泊してみたがとにかく広々としてい…

マッツ・グスタフソン展

美しい水彩 MA2ギャラリーにて12月27日まで開催中のマッツ・グスタフソンの展覧会「NUDE」にやっと行けたのでLA旅行記の途中だけどその話をしたいと思う。スェーデン生まれのマッツ・グスタフソンは1980年代くらいからニューヨークを拠点にファッションイラ…

まずLAへ!

ブロードミュージアム 今年もマイアミのアートバーゼルに行こうとギリギリで決めて成田を出発し、まずはLAに到着。マイアミに向かう前にここで2泊して新いホテルやブロードミュージアムを再びチェックすることにした。富豪のブロードさんがダウンタウンに建…

マイアミバーゼル

マイアミバーゼル 楽しかったヨローッパの旅を振り返りつつ、ベニスビェンナーレやダミアン・ハーストの驚くべきアート、フィレンツェのウフィッツィ美術館のボッティチェッリ、アカデミア美術館のダビデ像、パリフォトやルーブル美術館のダ・ヴィンチとお届…

ルーブル美術館・後編

モナリザは遠かった ルーブル美術館の1番のお宝といえばもちろんモナリザで1階のモナリザの前はもうどうしようもない人だかりで前に割り込むのは諦め遠くからしか拝めずだったけどそれ以外はかなりじっくり見ることができた。前編で書いたように1階は混ん…

ルーブル美術館・前編

美の宝庫! パリ最終日に遂にルーブル美術館を見に行くことが出来た。パリといえばやはりこの美術館が最大の魅力だけど行ってみたら自分も含めて観光客が多いのに改めてびっくりした。小さなエッフェル塔のキーチエーンみたいのを片手に大量に持って売ってい…

パリ散歩

パリの街を散歩 パリフォトを見るためにやって来たパリ、今回はヴァンドーム広場のすぐ近くのホテルに泊まったのでとても便利だった。パリで最もお洒落なお店が多いサンテノール通りも歩いて1分という便利さでルーブル美術館にも歩いて行ける距離だった。パ…

PARIS PHOTO後編

アートとしての写真 パリフォトに来るとアートとしての写真の人気ぶりがよくわかる。世界中の業界人はもちろんそれ以外にも地元パリの普通の人たちもたくさん来るし子供連れもなんかも多い。現代アートみたいに数百万から始まり数千万や数億もするような高価…

PARIS PHOTO前編

今年も来ました! さて、いよいよ今年も世界一の写真のアートフェア「PARIS PHOTO」へやって来ました。今年は入り口にカール・ラガーフェルド様の渋い写真が飾られていると思ったら特別審査員としてカール様が事前に選んだいい写真には写真の脇の壁面にカー…

ポンピドゥセンターへ

総合文化施設 ピカソ美術館の後はグーグルマップの指示で歩いてポンピドゥセンターへ向かった。ポンピドゥセンターはミュージアムもあるが総合文化施設でもあるので下層階には図書館みたいな施設もある巨大な建物だ。上階部分がミュージアムなので丸い筒型の…

パリに到着!

まずはピカソ美術館 パリに到着してまず向かったのはピカソ美術館だ。去年に訪れた時はジャコメッティとのコラボ展のような企画展をしていたが今回はピカソのある時期に迫ってその期間に制作された女性の絵などにフォーカスしていて面白かった。数多くの女性…

脱力と直感

ニシジマ・アツシ展 12月20日まで渋谷ヒカリエの8/ART GALLERY TOMIO KOYAMA GALLERYにてニシジマ・アツシ展が開催されている。”Humor Identification 脱力と直感”と題されたこの展覧会はヒカリエでは初の個展となる。ニシジマ・アツシは音にまつわる多様な…

フィレンツェ紀行3

ピッティー宮殿 フィレンツェはメディチ家が統治した街として有名だが今は宝石屋が並ぶ2階建てのベッキオ橋の2階部分はその昔メディチ家の貴族たちが渡るために作られたのだそうだ。橋を渡った先にはピッティー宮殿がありそこは彼らの宮殿だったのだが今は…

フィレンツェ紀行2

アカデミア美術館 ウッフィツィ美術館を後にしてアカデミア美術館「GALLERIA DELL’ACCADEMIA」に向かうことにした。お昼を食べてから途中に有名なサン・クローチェ教会や壮大なドゥオモ大聖堂などの建築物を見ながら到着した。着いてみると混雑もひと段落し…

フィレンツェ紀行1

ベニスから電車で ベニスもひと段落してパリに移動する前にせっかくだからとフィレンツェへ1泊で行くことにした。ベニスから電車に乗って約2時間の旅はあっという間である。メディチ家の中世都市であるフィレンツェに来るのは約20年ぶりで街のお店などの印…

ふわふわの世界

2年ぶりの個展 六本木ヒルズのミュージアムショップに併設されたA/Dギャラリーにて長井朋子さんの展覧会が12月10日まで開催されている。2年ぶりとなるこの展覧会、「Thousands of Finches」は長井さん独特のふわふわのぬいぐるみと絵を組み合わせた作品世界…

ベネチアグラスの魅力

ムラノ島へと向かう ベニスといえば有名なのがベネチアガラスで街のいたるところにあるおみやげ屋さんでは小さいアクセサリーから大きな壺みたいなもの、照明など様々なガラス製品を売っている。そんなベネチアガラスはベニスの隣にあるムラノ島に密集する工…

永遠は今の蓄積

素敵な2人展 ヨーロッパ旅行記は一息入れて、12月22日まで外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYにて開催中の展覧会について書きます。「Forever is Composed of Nows」というタイトルの展覧会は長島有里枝とミヨ・スティーブンスーガンダーラの二人による作品展なの…

ベネチアビエンナーレ後編

アートのトンネル ジャルディーニを見たあとはランチを挟んでもう一つの会場であるアーセナルまで歩いて15分ほどだ。こちらの会場は緑豊かだったジャルディーニとは違って港の古いレンガ作りの倉庫を会場にしていて奥へと続く長いトンネルのような倉庫に様々…

ベネチアビエンナーレ前編

緑豊かなジャルディーニ 今年で57回目になるベネチアビエンナーレを今回初めて訪れるが開催されているのはジャルディーニとアーセナル2ヶ所の会場。まずは緑豊かな公園の中にあるジャルディーニを訪れた。敷地内には各国のパビリオンがあってそれぞれがその…

ダミアン・ハーストの新作

巨大な嘘の作品達 今回ベニスに来た目的はベネチアビェンナーレと共にこの時期に合わせて展示されているというダミアン・ハーストの新作を見ることだった。安藤忠雄さんが改装したプンタ・デラ・ドガーナと巨大な吹き抜けのあるパラッゾ・グラッシの2会場で…

ピカソの浜辺の裸婦

ペギーグッゲンハイム美術館 ベニス初日、ビエンナーレを見る前にまず向かったのはニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で有名なペーギーグッゲンハイムの美術館です。なんとこの素敵な美術館はペーギーグッゲンハイムの邸宅だったのだそうで羨ましい限り…

水の都ベニスへ!

迷路のような街 さて、なんと10年ぶりにイタリア北部に位置する水の都ベニスにやって来ました。ベニス島には車がなくて移動手段は歩くか水上バスに乗るしかないため有名なサンマルコ広場の近くにあるホテルへはベニス駅から水上バスに乗っての到着です。狭い…

IT WILL BE ALL RIGHT

最高にスタイリッシュ! ヨーロッパ話の続きの前に昨夜レセプションだった花井祐介の展覧会「IT WILL BE ALL RIGHT」のについて書こうと思います。原宿のギャラリーターゲットで開催中のこの展覧会、最高にスタイリッシュでカッコイイ展覧会で12月8日まで開…

ベネチア、フィレンッエ、パリの旅

パリのついでに! ブログアップをしばらくご無沙汰の間にベネチア、フィレンッエ、パリに行ってきました。 今回の主な目的はパリのパリフォトへ行くことだったけどパリまで行くのならついでにベネチアも行こう!となったのです。ベネチアに行きたかったのは…

気になる話

恒例のグループ展 白金の児玉画廊にてグループ展「ignore your perspective 39」が10月28日から11月25日まで開催中だ。もうすっかり恒例になったこのグループ展では毎回テーマを掲げてそれに沿った作品を作家が発表する。今回のテーマは「気になる話」だそう…

マグマ初の大型個展

アーティストユニット 捨てられたり破棄されていた廃材や玩具など様々なモノを融合させ新たなアートオブジェへと変換するアーティストユニットのマグマがラフォーレミュージアムで初の大型個展を開催中だ。作品にとどまらず家具やプロダクト、プロップス、空…

線に託す想い

様々な線 渋谷ヒカリエ8階にある小山登美夫ギャラリーでカンボジアを代表する現代アーティスト、ソピアップ・ピッチの展覧会が開催されている。六本木にある小山登美夫ギャラリーでも同時開催されている作品展は「desire Line」(願望の線)と題されている…