NY ARTリポートVol.10

様々なギャラリー9 ニューヨークのチェルシー地区にあるギャラリーを紹介してきたが最後にご紹介するのは世界一のギャラリーと言って間違いないGAGOSIANギャラリーだ。ラリー・ガゴジアン氏がソーホーでスタートさせたこのギャラリーも今ではニューヨークに…

NY ARTリポートVol.9

様々なギャラリー8 PACEギャラリーは世界中にギャラリーを展開するGAGOSIANなどと並ぶ大物ギャラリーである。ニューヨークはもちろんロンドンやジュネーブ、香港やソウル、北京にも進出しているほか、アメリカのIT産業の拠点であるカリフォルニアのパロアル…

NY ARTリポートVol.8

様々なギャラリー7 チェルシー地区にギャラリーが移動する以前のこと、PAUL KASMIN GALLERYはソーホーのブロードウェイにあるビルの中にオープンした。イギリス人のポール氏はロンドンの有名なギャラリーの息子で家業のギャラリーをニューヨークでオープンさ…

スーパーラボ

写真集に対する熱い思い NYリポートはまだまだ続くのですがここで東京からの話題を一つご紹介します。長年の友人であるホウキさんが神保町に写真集などの専門店スーパーラボをオープンしたのでオープニングに行ってきました。レセプションには沢山の関係者や…

NY ARTリポートVol.7

様々なギャラリー6 ソーホー地区からチェルシー地区にギャラリーが移動し始めたのは1990年代だったが最初にチェルシー地区に移ったギャラリーの一つがポーラ・クーパーギャラリーだった。ポーラクーパーギャラリーは今も場所を変えたりしながら存在していて…

NY ARTリポートVol.6

様々なギャラリー5 ロンドンの老舗ギャラリーLISSON GALLERYとスイスのギャラリーHAUSER&WIRTHもチェルシー地区にギャラリーを構えている。世界的に展開するこれらのギャラリーは常に見ごたえのある展示をしていて目が離せないギャラリーだ。LISSON GALLERY…

NY ARTリポートVol.5

様々なギャラリー4 チェルシー地区にある有名ギャラリーには1つではなく同時に2つやそれ以上のスペースを持つギャラリーは多い。LEHMANN MAUPINもその一つだが一つは新しくリノベされたビルの1階、もう一つはソノベンドという80年代に力のあったギャラリ…

NY ARTリポートVol.4

様々なギャラリー3 このMathew Marks Galleryも比較的前からチェルシー地区にギャラリーを構えるがMathew Mark氏は以前にGAGOSIANにいたと聞いたことがある。そんな実力派のギャラリストだけに所属作家も素晴らしくThomas・Demand、Robert・Gober、Nan・Gold…

NY ARTリポートVol.3

様々なギャラリー2 今回の目的であるアートフェアの前にチェルシーの様々なギャラリーを紹介したいのだが、選抜してもかなりの数になるので数件づつ紹介してみたいと思う。まずソーホー地区からチェルシー地区にギャラリー街が移動し始めた比較的早い段階か…

NY ARTリポートVol.2

様々なギャラリー チェルシーには様々なギャラリーがあって路面にあるギャラリー以外のビルの中にあるギャラリーも含めると全て合わせて数百以上ものギャラリーがあると言われるが全て見るのも不可能だし大部分のギャラリーは専門的なギャラリーだったりする…

NY ART リポートVol.1

ギャラリー巡り ニューヨークで開催される主なアートフェアは3月のARMORY SHOWと5月のFRIEZE NEW YORKの二つあるが今回見に訪れたARMORY SHOWはロンドン生まれのFRIEZEとは違ってニューヨークで始まった歴史のあるアートフェアだ。アートフェアのリポートも…

ART FAIR TOKYO 2019

今年も開催中! 3月10日まで東京国際フォーラムにて「ART FAIR TOKYO 2019」が開催されている。毎年恒例のイベントは骨董から現代アートまで幅広い展示が楽しめるアートフェアである。写真撮影はNGだったが手塚治虫の原画みたいなマニアックなものを扱うギャ…

3331 ART FAIR

アーツ千代田にて開催 3月6日から10日まで末広町にあるアーツ千代田で「3331 ART FAIR」が開催されている。今年も沢山の日本人作家や海外の作家、ギャラリーや企画展の展示が展開していた。若手では僕も絵をコレクションしている富田正宣の作品もあったし過…

Prologue of Trance Reality

トランスリアリティ 3月14日まで丸の内の丸ビルにあるH.P.FRANCE GALLERY MARUNOUCHI にて山口真人による「Prologue of Trance Reality」が展示されている。縁あって知り合いでもある山口さんの展示であるが様々なものが機械化され続ける現代において機械に…

国津神

天明屋尚の新作展 3月30日まで市谷にあるMizuma Art Galleryにて2年ぶりとなる天明屋尚の新作展「国津神」が開催されている。今まで戦国時代の大名や江戸時代の傾奇者など日本の祝祭的な美を題材に取り上げて作品を作ってきた天明屋の今回のモチーフは「国津…

島々をなぞる

シェアオフィス 神楽坂にオープンしたシェアオフィス施設の「faro」にあるギャラリースペースで3月23日まで寺本愛の個展「島々をなぞる」が開催されている。以前にも見たことのある作家だが大学で美術と服飾を学んだ経歴から作品には服飾というテーマで人物…

Beautiful Strangers in Ourselves

初の個展 白金の児玉画廊にて戸田悠理の個展「Beautiful Strangers in Ourselves」が3月30日まで開催されている。児玉画廊が定期的に開催してきたグループ展に2017年より数回ほど出展してきた作家の初の個展だ。近年インターネットを発想のきっかけにしたり…

Gallery M

神田明神 お仕事を頼むこともあるイラストレーターのmio.matsumotoさんから案内が来たので神田明神にあるというGallery Mに行って見た。まさに神田明神の敷地内、ちょうど裏手に位置するビルの3階にGallery Mはあったが商売の神様の敷地内とは縁起がいい。M…

They have a mind of their own

追憶のような感情 5月18日まで南青山にあるRAT HOLE GALLERYにてHurvin Andersonの展覧会「They have a mind of their own」が開催されている。ジャマイカ系イギリス人の作家は2017年のターナー賞にノミネートされるなど注目を浴びている作家だそうだ。今回…

二人のカラリストの出会い

気の利いた趣向 3月30日までGINZA6の6階にある蔦屋書店に併設されたギャラリーTHE CLUBにて「An Encounter of Two Colorists」二人のカラリストの出会い展が開催されている。二人のカラリストとはDavid Hockneyと福田平八郎のことであるが共に優れた色彩感…

シュウゴアーツショー

7人の作家 4月6日まで六本木のギャラリーShugoArtsにてグループ展「シュウゴアーツショー」が開催されている。イケムラレイコ、小林正人、リー・キッド、アンジュ・ミケーレ、三嶋りつ子、高畠依子、戸谷成雄の7人の作家の作品がギャラリー内にバランスよ…

アルカディアン

福井篤の世界 六本木にある小山登美夫ギャラリーにて3月9日まで福井篤展「アルカディアン」が開催されている。小山登美夫ギャラリーでは5年ぶり7度目の個展となり作品は全て新作のペインティングである。福井篤の世界とでも呼ぶべきだろうか、この作家は実…

Travelers

旅くくり 3月16日まで外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYにてグループ展「Travelers」が開催されている。旅をテーマにした作品を集めた「旅くくり」の企画グループ展で中村菜都子、田中彰、菅雄嗣、ジュリアン・オピーの4名の作家がそれぞれに個性的な作品を展示…

HELLO my name is

見応えのあるグループ展 外苑前にあるギャラリーEUKARYOTEにて3月3日までグループ展「HELLO my name is」が開催されている。EUKARYOTEのオープンから1年目の節目の企画展としてEUKARYOTEが取り扱う9名の作家による新作と近作による展覧会は見応えのあるグル…

J.M.WESTON

青山店がリニューアル J.M.WESTONといえばフランス発の高級靴のメーカーとして有名でローファーやゴルフといった人気シリーズは不動のアイテムだ。そのJ.M.WESTONの青山店がこの度リニューアルオープンしてレセプションパーティーが開かれた。アーティスティ…

陽のあたる日常

日本で初の個展 3月9日まで六本木にあるOTA FINE ARTSにて香港の作家クリス・ヒュン・シンカンによる日本で初の個展が開催されている。作家の身の回りの家族やペットの犬たちなどを描くことで人は「見る」という行為によってどのように物事を理解しているの…

Tanaami x Adidas Originals

コラボレーション展 3月9日まで渋谷のギャラリーNANZUKAにて開催されている田名綱敬一の展覧会「Tanaami x Adidas Originals」にやっと行くことができた。オープニングはすごい人だったそうで田名綱敬一のアートとアディダスのファッションの融合した展覧会…

「限局性激痛」1999年

ソフィ カル 今東京の3箇所の展示スペースでフランス人アーティスト、ソフィ カル(SOPHIE CALLE)の展覧会が開催中でやっと見に行くことができた。原美術館にて「限局性激痛」1999年、ギャラリー小柳にて「ソフィ・カル なぜなら」ギャラリーペロタンにて…

つないでみる

森美術館15周年記念展 2月9日から5月26日まで六本木の森美術館にて「六本木クロッシング2019展:つないでみる」が開催されている。3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧するようにキューレーションされるこの企画展は2004年に始まり今回で6回目となる。…

Yesterday.today.tomorrow

ユーモラスで美しいオブジェ 原宿にあるギャラリーターゲットにて2月19日までアーティストhi-dutchによる個展”Yesterday.today.tomorrow”が開催されている。hi-dutch/Takahiro Hidaはサーフボードをリペアする技術を応用して樹脂を使いユーモラスで美しいオ…