今日のアート 恐ろしいイメージを作り出す不思議な装置。

8月22日から9月の26日まで白金にある児玉画廊で開催している伊藤隆介というアーティストの個展「All Things Considered」が面白い。いわゆるインスタレーション?映像作品?一言では言えない様々な要素が詰まった不思議な作品展だ。画廊内は入り口と奥の間にカーテンの仕切りがあり、入り口付近には大きなテレビモニターとそれに写る作品を撮影する装置がある。小さなCCDカメラは装置に仕掛けられたモーターで右へ左へと動いてある景色をモニターに映しているのだが、それは廃墟と化したミニチュアの街並なのだ。地震があったのか戦争があったのか理由は分からないが悲惨に崩れた街並を臨場感とともにこの装置は映し出す。右から左へと規則的なスピードで画面はその景色を無機的に流して行く。カーテン奥のスペースは暗く、そこでもいくつもの装置が色々な映像を壁面に映し出している。それらの映像は全て装置に付けられたCCDカメラが規則的に動いて撮影しているライブ映像だ。CCDカメラがモーターで動いて撮影している場合もあればCCDカメラは固定されていて景色の方が動いている場合もある。特撮映画のミニチュアセットのような感じだがそこに展開する場面は福島の原発内部だったり飛行する無人偵察機だったり、つまり全て尋常な場面ではない。地震で揺れ続けるコピー機や瓦礫の中に向かって細長いトンネルを入り込んで行くような映像もある。映像として映し出されるそれらはどれも見ていて恐ろしく胸騒ぎがする。なんでも作家は小さい頃から特撮映画の舞台裏に興味があったのだとか。描かれる映像よりもその裏にある技術や演出手法に魅力を感じていたのだそうだ。なるほど、分かるなあ。自分も子供の頃からミニチュアとか模型とかジオラマみたいなの大好きだったしもちろん特撮映画は大好きだった。しかし、その裏側に魅力を感じてここまで突き詰めて作品にしてしまうとはアーティストって本当に凄いなと思う。この個展、色々と考えれば深い作品なんだろうけど、自分的には特撮好きな心にキュンと響く不思議な作品展でした。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20150826171958j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20150826172024j:plain

f:id:hynm_ryota_tanabe:20150826172054j:plain