読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LAアート速報4!

LAのちょうど真ん中辺りに位置するロサンゼルス群立美術館、通称「LACMA」はアメリカ西部最大級の美術施設で広大な敷地には幾つものミュージアムやパビリオンが存在する。日本のパビリオンもあるしコロンブス以前のアメリカ美術やアジア、イスラムの美術も世界最高峰レベルとなっているそうだ。今回は時間の関係もあり現代アートを中心に3つのビルを見て来た。ここにも初日に見たBROADさんの現代アートミュージアムがあり巨大なリチャード・セラの鉄のオブジェがあってこれは必見だった。では、写真と共にご覧ください。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170311025302j:plain

美術館施設の入り口には街灯が並ぶ印象的なオブジェがある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170311025349j:plain

ゆっくり座って鑑賞したい方のために作品の前には椅子がある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170311025426j:plain

ソファに女性が眠っている?これ、全部焼物で出来ています。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170311025459j:plain

砂浜の砂遊びみたいな面白い砂で出来たタワーの作品。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170311025539j:plain

圧倒的な迫力と存在感のリチャード・セラの鉄の壁のような

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170311025633j:plain

未来都市?架空の街?巨大なオブジェのような都市空間の作品。

作品。