読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートを旅するエキシビション

「セーヌ」の企画展

南青山に去年オープンしたアートサロン「セーヌ」にて3月16日から4月10日まで新たな試みの展覧会が開催されている。僕がギャラリーディレクターを務めるこのサロン的なアートギャラリー「セーヌ」はアートと共にゆったりと時間を過ごせるような場を提供する目的でスタートしたが、今回は「セーヌ」の企画ではなく、僕のキュレーションで新たな企画展を展開している。

Art for your Voyageがテーマ

「アートを旅する」をテーマにより多彩な作家の作品を見せる"Exhibition Voyage"シリーズとなるこの企画展、第1弾として僕が選んだのはMaki Fine Artsの作家でとてもユニークな作品を作りを続けている池田衆さんだ。額縁の専門会社で働きつつ作家として活動を続けている彼の作品は撮影した風景写真などをカッターで細かく切り抜いて全く違う風景の作品に生まれ変わらせるという斬新で気の遠くなるような細かい作業の伴うアート作品である。「セーヌ」はアポイント制なので見に行きたい方はお手数ですがサイトの連絡先にご一報入れてから見に行ってください。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170316160820j:plain

今回初めての試みの企画展「Art for your Voyage」第1弾。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170316160918j:plain

自ら作品の設営をする池田さん。デリケートな作品だけに慎重だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170316160958j:plain

テーブルの作品はライトをあてたら床に作品の影が浮かび上がった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170316161047j:plain

切り抜きが細か過ぎて驚く!昼働きつつこんな根気のいる作業は凄い。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170316161153j:plain

アートと共にゆったり過ごすサロン的なスペースを目指している「セーヌ」

scenetokyo.com