ニューヨークアート速報!第3弾

ギャラリーの街チェルシー

ニューヨークで必ず行くのがウェストサイドにあるチェルシー地区のギャラリー街だ。

昔はソーホーがギャラリー街だったが今はこのチェルシーがギャラリー街になった。

チェルシーには巨大な倉庫やガレージなどソーホーよりもでかい空間のスペースが沢山あるのでギャラリーには最適だったのだ。

また、ソーホーが観光客向けの街になってしまったというのも理由だろうか。

古い外観はそのままに中を洗練されたギャラリーに改装した空間は 気持ちよく格好いい。

 

絶えず進化する街

アートバブルの景気に牽引されてこの10年ほどでチェルシーはかなり変化した。

ギャラリーも増えたしそれぞれ大型になり新しいギャラリーも海外からやって来た。

また、レストランや豪華なコンドミニアム、ホテルなどまでできて街は想像を絶する勢いで発展している。

ギャラリーも世界1のギャラリーGAGOZIANを始め老舗のPAULA COOPER,METORO PICTHRES,MATHEW MARKS,DAVID ZWINER,LISSON,PAUL KASMIN,PACEなどなど力のある素晴らしいギャラリーがひしめき合っている。

名前も知らないようなギャラリーも含めたらこの地区にはいったい何百のギャラリーがあるのだろうかと思う。

今もあちらこちらでどんどん工事が進んでいるチェルシーは進化し続けることだろう。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023332j:plain

アレックス・ゴンザレストーレスインスタレーション

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023428j:plain

エリック・フィッシェルの巨大なペインティング。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023505j:plain

エルスワース・ケリーのミニマルな作品が静かに語りかける。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023551j:plain

GAGOZIANでのアンセルム・キーファーの展示。でかい!

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023818j:plain

これが絵とは思えないロバート・ロンゴのチャコールドローイング。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20170607023955j:plain

ギャラリーというよりもミュージアムのような空間で一休み。