森田恭通写真展

ライカギャラリーにて開催

1月19日から4月7日まで銀座にあるライカギャラリーにて森田恭通氏の写真展が開催されている。人気インテリアデザイナーとして世界中で仕事をする森田氏が写真家宣言をして約3年になる。白色陶器のような質感と緩やかな曲線美を追求したポーセリンヌードのシリーズをパリフォトで発表して以来、写真家森田恭通として活動を始めたのだが去年は写真集も発売して作家としての道のりを着実に歩みつつある。

 

新作はヌードと花

森田氏の写真はライカを使って撮影されプラチナやシルバープリントといった今ではあまり主流でないプリント方法にこだわって制作される。その大胆な構図やミニマルに切り取られたヌードのイメージも素晴らしいが黒から白へと移り変わるグレーのグラデーションが実に美しくプリントにこだわる写真の「モノ」としての存在感が力強く迫ってくる。今回もポーセリンヌードを発表したが特筆したいのは同時に発表された「Black Flower」と題された一連の花の写真である。今まで見たことのない陰影と形で撮影された花々の孤高の存在感と艶めかしい生命力は注目すべき作品で度肝を抜かれた。開催期間も長いので是非ご覧いただくことをお勧めします。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180119140953j:plain

輝くような花の美しさは今まで見たことのないイメージだった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180119141127j:plain

白と黒、グレーのグラデーションが描き出す美しい写真。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180119141231j:plain

静けさの中で佇む花の可憐さが感じられるイメージだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180119141318j:plain

花束の構成の良さ、力強さなど非の打ち所のない作品だと思う。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180119141413j:plain

花のシリーズは非売品で今回はヌードのシリーズをブック形式で販売。