若手のグループショー

学生をスカウト

アートバーゼル香港から戻り今度は外苑前にできたばかりのギャラリーEUKARYOTEにて若手のグループショーが開催されると聞いて伺った。「YOUNG ARTIST EXHIBITION2018」と題されたこのグループショーではギャラリーが面白い作家を発掘すべく大学に出向いて学生をスカウトするのだそうだ。今回選ばれた4名の作家、菅原玄奨Gensyo Sugahara、田岡菜甫Naho Taoka、堀至以Chiaki Hori、吉田裕亮Hiroaki Yoshidaはいずれも個性的で新しい表現に挑戦している。

 

個性的な作品

まず目を引いたのは菅原さんの造形作品で女性像だがどこかプラモデルのように見えて面白かった。その背後の壁には堀さんによる抽象画だがこれも色の配色や線の形の面白さなどいい感じである。2階に登ると田岡さんの絵とオブジェのインスタレーション的な作品があって絵とオブジェを意味ありげに配置しているのが興味深い。吉田さんの作品はミックスメディアな作品でペッパー君から型を取った彫像の背後から千手観音の手の一本ようにモニターがニョキッと出ているのも面白かった。こうした若手に作品を見せる機会を作るのは非常に大切だし今後もこの企画展を楽しみにしたいと思った。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330203658j:plain

若手作家を大学に見に行ってスカウト的に集めてのグループショー。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330203758j:plain

菅原さんの女性像はどこかプラモデルの原型みたいだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330203737j:plain

堀さんによる抽象画は面白いと感じた。センスあるのではないか。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330203923j:plain

これも堀さんの抽象画。色とか線の形とかいい感じである。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330204010j:plain

田岡さんの絵とオブジェのインスタレーションには絶妙な間がある。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330204108j:plain

田岡さんの絵画作品。新しい表現を模索している感じがする。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180330204148j:plain

吉田さんのペッパー君から型を取った彫像は仏像を連想させた。