GOLD SEES BLUE

面白いアプローチ

江戸川橋にあるMaki Fine ArtsSprout Curationにて開催中の展覧会を見に行ってきた。Maki Fine Artsでは田中和人の作品展「GOLD SEES BLUE」を開催していたがこの作家は以前にも他の作品を見せてもらい面白いアプローチで写真作品を制作している作家だと思っていた。ギャラリー内には大きな風景の写真と小さな人物の写真が考えられた配置で展示されていたが写真の色合いが独特なのが目立っていた。なんでも金箔をカメラのレンズに貼って撮影をするとこういう不思議な色に写真が撮れるのだそうだ。今後もさらにユニークな作品が期待できそうな作家だ。

 

独自の手法

一方のSprout Curationでは服部憲明による展覧会「Draped Correctness」が開催されていた。この作家の作品を見るのは初めてだったが作品の色合いが見る位置によってカラフルに変化するという作品を制作していた。作品は工業用のレーザーカッターやUVプリントなどの最も新しいツールとメディウムなどを使って作り出されるレイヤーで成り立ちこうした独自の表現を作り出している。インダストリアル・ペインティングとでも呼ぶべき次世代のアートという印象だった。いずれの作家も新しい手法で新たな表現を模索している点が興味深かった。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143300j:plain

田中和人の写真作品は独特な色合いがとても美しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143348j:plain

カメラレンズに金箔を貼って撮影するとこういうブルーになるのだそうだ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143422j:plain

ギャラリー内に大小の作品をうまく組み合わせて配置していた。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143509j:plain

幻想的というか、夢の中の風景のような不思議な写真だ。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143540j:plain

服部憲明の作品は様々な新しい技術を積み重ねて制作される。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143655j:plain

見る位置で色も変わるし部屋などの写り込みもあるので変化が楽しい。

f:id:hynm_ryota_tanabe:20180331143747j:plain

作品をわざと床に置くのもなかなかユニークな展示方法である。